プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】高波にご注意

06月27日, 2013 | 今日のムンバイ

2 Comments
ムンバイの雨季といえば、ハイ・タイド、つまり高波がつきもの。
波が高くて船を出せないために漁業も下火になり、魚が入手しづらくなる。
今週は、一年を通じてもっとも波が高くなる「高波ウィーク」。
豪雨と高波に同時に襲われると、道に浸水する危険が高くなることもあり、
報道機関が、何時何分に何メーターの波が来る、と市民に注意を呼びかけている。

1.jpg

月曜日。いつも学校帰りにゴンさんと寄るバンドスタンドの海でも、
高く上がった飛沫が歩行者の顔を濡らすような激しい波が、遊歩道の裾に打ち付けている。
海に近づく階段に立ち、今にも足にかかりそうな波を見ていると、
お巡りさんに「後ろに下がりなさい」と注意された。
いつもこんなところに警官はいない。
高波への警戒のために配備されているのだ。
カーター・ロードの海にも寄ってみたが、やはり警官が二、三人たむろしていて、
同様に注意された。小さい子どもを連れているから目立つのかもしれない。
海沿いの歩道に入らず、車道にスクーターを止めて木の隙間から見ていたが、
それでも波が届いた。
ゴンさんとビックリ顔で見ていたら「レインコート着て来いよなぁ」と
フラフラ歩いていたにやにやオヤジに声を掛けられた。
レインコートを着て波に打たれびしょ濡れになる人々、というのが
確かに雨季のムンバイにはいつもいる。
そんなずぶ濡れに濡れるならなぜコートを着るのか不思議なのだが。

3.jpg


午後一時半時頃に五メーター近い波が来る、と予報のあった火曜日。
ゴンさんののろのろ食べを急いで切り上げて海に向かった。
少し雨がぱらついているが、大した降りではない。
海沿いのカーター・ロードに着くと、すでに野次馬がちらほら集まっている。
翌日の新聞には「高波に警戒してオフィスは早じまいし、街に人はまばらだった」
「リクシャーやタクシーの乗車率が三割程度下がった」と報じられていたが、
世の中警戒する人種ばかりではなく、物見高く波を見に来る人種もあるのだ。
見に来るだけではない、波を浴びに来る人種も。


4.jpg

この男。
完全に「海とオレ」になっていて、誰をも寄せ付けなかった。

5.jpg

波は無数のゴミや石くれを載せている。
濁った海水と一緒に絶対に当たっているはずなのだが、危なくないのか男よ。

6.jpg

【Satyanamak】久しぶりに朝のコンサート

06月24日, 2013 | 未分類

0 Comments
すごく久しぶりに、Matunga駅近くにあるKarnataka Sanghaという
コンサート会場に朝の無料コンサートを観に行った。
ラーナデー先生のお弟子さんで、一時期MotiDDに歌を教えてくれていた
スチタ先生のコンサートだった。
Kalabhartiというグループが主催する、日曜日の朝10時から始まる
定例のインド古典コンサート。7年前にこちらに来たばかりの頃、
ラーガもターラも何も知らないときによく行っていた。

karnatakasangha500.jpg

写真は7年前のものだが今でも何も変わっていない。
丁寧に歌われるスチタ先生の澄んだ声に聴き入った。
観客はインド古典音楽愛好者らしい中高年の人がほとんどだが、
中にはステージに目もくれず新聞を終始読みふけっている人もいた。
もしかすると、家族に邪魔されない日曜朝のくつろぎタイムを
過ごしに来ている近所のお父さんも混ざっているのかもしれない。
そんな休日の過ごし方もなかなか素敵だと思う。
コンサート観る態度としてはどうかと思うが。

終演後の会場でPrakash Naik氏に出会う。この人と会うのも超久しぶり。
かつて通っていた音楽学校Bhraratiya Vidya Bhawanに
しょっちゅう現れてはこの会場のコンサートチラシを渡された。
ムンバイ各地のコンサート会場にたびたび出没してスタッフ的な
ことをしていたり、たまにステージでタンプーラを弾いていたり、
何をしているのかよく分からないが神出鬼没の小柄なおじさんである。
灰色の髪と髭が以前よりも長く伸びていて、
ちょっとサドゥー (ヒンドゥー教の苦行者) っぽい容貌になっていたが、
相変わらずの軽々とした様子で何だか嬉しかった。

【MotiDD】一週間

06月22日, 2013 | 今日のチントゥー

2 Comments
新しい制服を着て、新しい学校に通い始めて一週間が経つ。
わずか五人の極小クラスから一挙に四十五人、しかも男子のみの大所帯クラスになる。
男の子としては大人しい部類に入るゴンさんのこと、
馴染めるかどうか、少し心配だった。

授業が終わると、子どもたちは三々五々お迎えの父兄に連れられて帰宅する。
お迎えが来るまで教室を出てはいけない、と先生に言われているのだろう、
どの子もみんな、教室内で席に座って待っている。

はや二日目ぐらいから、教室をのぞくと、
迎えを待つ子どもたちの中のゴンさんが笑顔になっていた。
他の子と何かふざけているようだ。
スクーターで帰る道々感想を聞くと、いつも「面白かった!」と言うので、
とりあえずホッとしていた。

ちょうど一週間目の今日。
教室をのぞくと、席に座っているゴンさんを取り囲むようにして、
五、六人の男の子たちが一心に、ゴンさんの机に置いた本を見ている。
ヒンディー語で「これ見て、ワニ!」とか、「こっちは車!」とか、
どうやら新しくもらった教科書であるらしいその本のイラストを
次々に見ているだけなのだが、いかにも愉しそう。
子どもたちに取り囲まれているゴンさんがうれしくて、
もったいないので声をかけずに、すぐ近くの席にそっと座ってしばらく見ていた。

二年間ゴンさんを見てくれた前の学校の先生と最後に話した時、
「次の学校は大所帯なので心配です」と言ったら
「フレンドリーな子だから大丈夫よ」と太鼓判を押してくれていたが、
本当に心配することは何もなかったんだな、と思った。
親というのは要らぬ心配をするものだなー。

uniform copy

【MotiDD】負けずぎらい

06月18日, 2013 | 未分類

2 Comments
姉が『犬棒かるた』をくれました。
ABC なら読めても、日本の文字は数個のひらがなしか読めないゴンさん。
とりあえず、その読める数個の文字の分だけ選んで始めてみました。

そうして九枚から始めたのが、今は二十枚にもなりました。
もともと「読みたい」という欲求が強いところへ、
ゲームの楽しさが加わり、みるみるうちにカードの枚数を増やしました。

karuta.jpg

まだまだ寝たりない朝、起こしても起こしても起きようとしないゴンさんの耳に

「知らぬが仏」
「安物買いの銭失い」
「瑠璃も針も照らせば光る」

犬棒かるたのことわざを聞かせてみました。するとたちまち

「くさいものに ふた!」
「きいてごくらく みてじごく!」
「さんべんまわって たばこにしよう!」

ほーら、起きてきました。

毎晩 父母一人ずつと勝負します。
最初のうちこそ少しずつ手加減しながらやっていましたが、
すぐにコツを憶え、その必要もなくなってきました。
子どもならではの反射神経もかなりのもの。
目にもとまらぬ早業で、カードに小さな手がもう届いています。

負けずぎらいで、うっかり私が勝とうものなら、
悔しさいっぱいの泣きそうな顔で掴みかかってきます。
子どものとき、トランプに負けてはコタツに入って泣いた自分を思い出しました。

kuyashii.jpg

【MotiDD】ホリディ・イン・ジャパン

06月15日, 2013 | 一時帰国

4 Comments
明日から、ゴンさんの新しい学校が始まる。
いわば今日は八月三十一日、夏休みの最終日。
楽しかった日本での夏休みについて書いておかなくちゃ。

ひと月半あまりも滞在し、いろんな人と遊んでもらい、
おいしいものも食べ、遊び、また遊んだ。
書くことなんか最初からあきらめて、写真を載せておく。

普段からあまり写真を撮らないので、楽しかったのに撮ってないところも多く、残念!
ゴンさんの記憶力に期待する。

本当にたくさんの方々に会ってもらい、可愛がってもらった。
この場を借りてもう一度、お礼を言わせてください。ありがとう!


100_7835.jpg
『ゴンさん、消防車に乗る』―― 四谷三丁目の消防博物館にて。


100_7869.jpg
『ゴンさん、旅に出る』―― 中央本線に乗って、母の家に向かう。四時間の長旅なので、
絵を描きながらのんびりゆく。


100_7864.jpg
『ゴンさん、耳をふさぐ』―― トンネルの多い中央本線。トンネル好きのゴンさんも、
入るたび「バーン!!!」という音とともに耳がキーンとするのには参りました。


100_7880.jpg
『ゴンさん、ローカル列車に乗る』―― 中央本線から乗り換えた小海線はワンマン運転、
二両連結のディーゼル車でした。


100_7892.jpg
『ゴンさん、菅笠をかぶる』―― 紫外線を気にして「これがちょうどいい!」と母がどこからか
出してきた菅笠。おあつらえ向き、ちいさな無国籍農民のできあがり。


100_7894.jpg
『ゴンさん、足湯をする』―― スニーカーを濡らして帰ってきたら、足がすっかり冷えていました。
さあ足湯であったまろう。


100_7902.jpg
『ゴンさん、つつじを吸う』―― 日本はちょうどつつじの季節、すっかりクセになってしまいました。
ちゅーちゅー吸うたび、「あま~い!」と歓声があがります。


100_7908.jpg
『ゴンさん、相合傘をする』―― 仲良しのIちゃんと向こうでもデートできました。
あいにくの雨模様でも、相合傘ならどんなに楽しいことでしょう。


100_7912.jpg
『ゴンさん、遊具であそぶ』―― あっちの公園こっちの公園、遊びまくりました。
インドでは見ない遊具もたくさん、一ヵ月では遊びきれない!


100_7941.jpg
『ゴンさん、それ間違えてる』―― 表にはかわいいチューリップの花がたくさん描いてあるのです。
なんかうれしそうだから、いいか。


100_7977.jpg
『ゴンさん、池上線に乗る』―― 友達の家に遊びに行った帰り道。五反田駅に「おしまいの線路
(終着駅における線路のどんづまり)」を見つけてはしゃぐ。


100_7986.jpg
『ゴンさん、タンカー列車に驚く』―― 特急あずさを待つホームに現れた、石油タンカー列車。
その思いがけず重厚な大迫力のため息に、あとずさる。


100_8005.jpg
『何想う、ゴンさん』―― 中野駅前にて。あと二日でこの旅も終わる。


100_8014.jpg
『ゴンさん、スタバに行く』―― いまやムンバイにも数軒あるスターバックス。
キャラメル・フラペチ~ノ!


100_8022.jpg
『おしまいの景色』―― ムンバイへ向かう滑走路は渋滞中でした。

« Prev Page Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。