プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】飛行機で詩人と会う

06月08日, 2007 | 旅に出た

9 Comments

「行ってみたら私のじゃなくて誰か他の人の結婚式だったら、一緒に笑ってね」
という先生の心配はもちろん杞憂に終わり、
カラチではまさに先生の結婚式が行われようとしていた。

 

インドには何度となく足を運んできたが、パキスタンに行くのは初めてだ。
デリーからパキスタン国際航空(PIA)に乗ってカラチへ向かう。
PIAといえば、昔ヒンディー語の先生が
「あれはPakistan International AirlinesじゃなくてPerhaps I Arriveの略」
とおっしゃっていたのが忘れられない。
たしかに、機内放送でも、英語でのアナウンスに何度となく「InshaAllah」(アッラーの思し召しがあれば)をはさんでくる。
黒いターバンをした隣のサルダール・ジーは、
離陸のときに前のシートに片手をつき、なにか祈っていたようだった。
象のように体の大きな人が、小さくなって祈っている。
あぁ、無事に着きますように。

 

PIAのアナウンスを聴いていると、ウルドゥー語が耳に美しく響く。
それはいいのだが、あれ、い、意味がわからない……
思っていた以上にウルドゥーが難解だったので、ここでMotiDDビビる。
カラチでわしはちゃんとコミュニケートできるんだろうか……

 

ちょっと不安になって、隣の巨大なサルダール・ジーに話しかけてみた。
ウルドゥー語の本が置いてある。パキスタンの人かもしれない。
その予想は外れ、巨大サルダールはインド人だった。
ラクナウに住む詩人で、カラチには詩に関する講演会で行くのだと言う。
置いてあった本は、ご自身の詩作本だった。
しかも最近、詩人としてボリウッド・デビューされ、
マヘーシュ・バット監督の『Dhokha』という映画の一曲に、
詩を提供されたそうだ。おぉーー。
まぁ、詩人の隣に座るのなんて初めてですー、と光栄がるアホな私に、
あくまで謙虚でにこやかな態度を崩さないのはラクナウ・スタイル。

インドで詩(????? Shaayarii)というと、詩好きが集まって、
「??? (Waah) !」「???? ??? ?? (Kyaa Baat Hai) !」などと賞めあいながら即席で詩を詠む、というイメージが強かった。
しかし、聞いてみると彼の場合はそうではないという。
必ず書いて用意していったものを詠みます、とのこと。そんなものか。
それにしても、一度あの「??? ! ???? ??? ?? !」の合いの手をやってみたいものだ。
『Dhokha』が公開されたらぜひご覧になってください、と言ってくださったので、
「見るかどうかはわかりませんが、歌は必ず聴きます!」と約束し、お別れした。

 

カラチの空港は新ピカで、日本に帰ったみたいだった。
デリーやムンバイの国際空港では見かけない、動く歩道が静かに動いている。
入国手続を済ませ(ギターを背負っていたので「ミュージシャンか」と聞かれた)、
外に出ると、先生の家族になる方々が、Satyanamakの名前を書いた紙を手に出迎えてくださった。

旦那さんになる方、そのお母さん、お姉さん、お姉さんの旦那さん、その小さな息子、お母さんの弟さん。
ごめんなさい、そんなにいっぺんに名前は覚えられません……。

あぁそれにしても、迎えに来てくれた時点でこんなに大所帯では、着いた先に広がる家族の大きさは……?

 

わしらのそんな不安をよそに、結婚式の最初のお客を乗せた車は、
カラチの町へと走り出したのだった。

 

 

まるまる一週間は滞在したカラチ。着いた時には、この空港が“主な観光地”になろうとは思ってもみなかった。

 

Photo from Flickr

スポンサーサイト

« 【MotiDD】歯を抜いた。 【MotiDD】先生の結婚 »

- Comments
9 Comments

いよいよカラチ入りですね。。(*'-'*。)(。*'-'*)。ワクワク 

by みみ | 06 08, 2007 - URL [ edit ]

いや~、やっと着きました……長かったーーー。ここまで長い道のりを共に読んでくださって有難う。PCも直ったし、忘れないうちにがんばって書きます!

by 【MotiDD】 | 06 09, 2007 - URL [ edit ]

も鹿もカラチに来れて嬉しい。ワァッ! ワァーワァッォ!というのが、インド版感嘆詞(定型の)だと最近知ったのは、タージ・ブランドの紅茶を飲んでいる高名なタブラおじさんを通じてではなく、書物を通じてでした・・・身体の大きなおじさん達がキャー・バート・ヘー!といいあうところはとても可愛らしい情景であることに間違いはない。さて、結婚式ではどんな感嘆詞がでるのか、PIAで臨席の薫陶を受けたMotiDD,腕の見せ所!

by も鹿 | 06 12, 2007 - URL [ edit ]

独創的で静かな笑いを誘うコメント、毎度ありがとうございます。最近 気になるのは、マラーティーで会話している人々でも、感動を表す時に言うのはやはり「Kyaa baat hai!」なんですねー。どういう心情でそうなるんでしょうか。

最近、暑いせいで、けっこうな熱を発するPCに近づく時間が少なくなり、カラチに着いた先がちっとも進みません。雨らしい雨が降り出したら、その臨席の薫陶とかいうのが
お見せできるかもしれません(見せられないかもしれませんが)。雨雲待ちです。

by 【MotiDD】 | 06 13, 2007 - URL [ edit ]

それは、もしかして、ヒンディ映画やテレビ・ソープドラマの影響で、マラーティのパン・インディア化が起きているのではないか?テレビを見すぎていますねぇ、都会の人は。キャー・バート・ヘィ!
さて、MotiDD, 昨夕は雨が降りました。まだモンスーン入りの日を決めていいか?だけれど、とりあえずアラビア海からは暗雲がやってきています。ワァッ!と言いながら、マサラ・チャイを横に、さぁ、いざカラチの結婚式!

by も鹿 | 06 15, 2007 - URL [ edit ]

鹿(も鹿さん)と猫(みみは猫の名前からきている)に追い立てられて、次回のアップは早くなるのかな?
待ってますよ~。

by みみ | 06 15, 2007 - URL [ edit ]

いや~、たしかに雨雲来ちゃいましたね……。このどんなエクスキューズも許さない両姉の厳しくも温かい親心、ありがたく受け取りました。しかししかし、ひとつ言い訳させてください! 明日の抜歯手術です。歯医者とか注射とか怪我とか、その類の身体的痛みを極度に怖れる私が、かわいそうに親知らずを抜きに歯医者に行かなければなりません。本当にひどい話です。泣けてきます。そんなわけで、せっかくの週末が、痛みでふいになる予定です。プラス、結婚式という一個人のプライベートな話に入ってきたので、先生ご本人に載せていいか確認中でもあります(←今更ではありますが)。そんなわけで、雨雲は来たのに、そうそう更新はできないかも……さて、ここでSatyanamakの助け船が男らしくサッと出るでしょうか? 乞うご期待です!(旦那にPCを押しつけて布団に逃げます)

by 【MotiDD】 | 06 16, 2007 - URL [ edit ]

いやぁ~、昨晩書きかけたのですが今読み返してみると「ナリマン・ポイント」としか書いていない……。一体私が何を書こうとしているのか、乞うご期待?

by 【Satyanamak】 | 06 16, 2007 - URL [ edit ]

もちろん、その親知らず抜歯の話も載せてね。ご主人はたしか抜かずに済んだはず、ということは抜歯に関するドキュメントはこれがはじめて?
たぶん、痛みを我慢するのが嫌いなインドのことだから、日本よりも痛み止めはしっかり出してくれると思うよ。

by みみ | 06 16, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。