プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】泥棒と警官~どっちもどっち

03月19日, 2007 | 未分類

6 Comments

ある日の朝、8時頃に呼び鈴が鳴った。
ドア越しに返事をすると「警察だ。」

警官が来たといってもどうせ無意味なろくでもない用事なんだろう、
朝っぱらから面倒だなあ、と思ったのだが
(北インドにご一緒した先生の著書にも、どうしようもない警察の話が書いてあった)、
覗き窓から見ると警官の後ろには心配・困惑100%の尋常でない表情をしたお隣さん。
どうもただごとではなさそうだ。
ドアを開けると、えらくガタイのいい眼鏡を掛けた大男が立っていた。
うちとお隣さんの両方とも家を空けているときに、お隣さんに空き巣が入って、
現金や貴金属など金目のものを盗まれたという。
ドアの枠についた、バールでこじ開けたような生々しい跡を見せられた。
泥棒がもしお隣でなくうちに入っていた場合、とりあえず価値のありそうなものは
これを書いているPCとラップトップぐらいなものだが、
猫たちに何かあったらと思うとぞっとする。
ドアの鍵のほかに、階段からうちとお隣の住む最上階に入るところにある門の鍵を閉めるように
その警官にアドバイスされた。
それ以来、お隣さんと申し合わせて鍵をしっかり掛け、安全対策を講じるようになった。
同じ棟の住人一同でお金を出し合って、建物への入り口に常駐の警備員も配置された。

 

今朝、そのお隣さんとMotiDDのおしゃべりを玄関先で聞いていたら、
その空き巣の一件について「捕まった」という意味のヒンディー語が聞こえた。
最初はてっきり犯人が捕まったのだと思ったが、違った。
捕まったのは、あの朝うちに来た警官のほうだった。

新聞記事によると、事件の概要はこうだ。
ホーリー祭があった3月3日、あるホテルに数人のグループが押し入り、
祭に乗じて1,500ルピーを寄付金として要求。
ホテルの支配人はそれを断り250ルピーだけ払う。
翌日、そのグループが仕返しにやってきて、ホテルをめちゃくちゃに荒らしていった。
件の警官はその事件の捜査に来て、その暴れん坊グループを捕まえるどころか、
何とホテルの従業員11人を暴行罪でしょっぴくぞ、と脅し、
それが嫌なら50万ルピーを払えと要求した。泣きっ面に蜂とはまさにこのこと。
この手口でさんざん荒稼ぎしたらしいこの警官は、広大な2世帯住宅の豪邸のほか、
マンション4部屋、店舗4件、現金15万ルピー、クレジットカード14枚、
高額な宝石貴金属、そしてフォードの新車を所有して豪勢な生活ぶりだったらしい。

 

インド映画では警官はヤクザまがいの悪役として描かれることがよくあるが、
それも無理はないと痛感させられる出来事だった。
肝心の警察がこんなでは、空き巣の犯人が捕まるはずもない。
我々はひたすら自衛策を練るしかなさそうだ。

 

こちらでは根元にペイントが施されている木をよく見かける。これも盗難防止策。

この木が所有物であることを表していて、伐採すると罰せられるそうだ。

スポンサーサイト

« 【MotiDD】ワールドカップ開催中。 【MotiDD】鳥ちゃんの季節 »

- Comments
6 Comments

本当に怖いですね。猫ちゃんたちが無事で何よりでした。
それにしても、インドの警察官は困ったもんだ。良くない話はいくらでも聞きますね。
係わり合いにならないようにするのが一番ですかね。

by みみ | 03 19, 2007 - URL [ edit ]

ほんとに何よりでした。お隣さんの郷里(ケーララ)から駆けつけた弟さんは、とにかく命は無事だったし、これからはよく気をつけるようになるんだから良かったじゃないか、と前向きなコメントでしたが、お隣さんはしばらくショックから立ち直れない様子で可哀想でした。最近は徐々に元気になってきたようです。

警官、うちに来たときは頼もしそうに見えたんですが、とんでもない奴でした。ホテルの支配人は50万も要求されて、「あのとき素直に1,500ルピー出しておけば……」とさぞかし後悔したことでしょう。

by SatyanamakMotiDD | 03 20, 2007 - URL [ edit ]

お隣さん、早くショックから立ち直ってくれるといいね。君んちも、空き巣も悪徳警官、気をつけてね。

日本でも最近は金属泥棒とか横行してて、車止めのU字鋼とか、マンホールの蓋とか、ありとあらゆる金属製のモノが盗まれたりしてて、驚くよ。
・・・・鍵つけたり、ペンキでペイントして目印つけたりしてるみたい。。。
なんだかとんでもないね。

by とやまん | 03 21, 2007 - URL [ edit ]

鍵についてはさすがに気をつけるようになりました。それでも、訪問者を装って来られたりするとせっかくの鍵もうっかり開けてしまいそうになるので、そこら辺の隙を突かれないように心の鍵もしっかり掛けておく必要ありですね。
日本もずいぶん物騒になったようで。まあそれでも、どこかの博物館で2億円相当だかの金塊を自由に触れる状態で警備員も付けずに展示しておいて白昼堂々と盗まれてしまうという、インドではとても考えられない事件があったりして、まだまだ呑気なものだなと思います。 お互い気をつけましょう。

by SatyanamakMotiDD | 03 23, 2007 - URL [ edit ]

あの盗まれた金塊、私去年ぺたぺた触ってきたばかりだったのよね・・・ちなみに、鍾乳洞を見に来た人が鍾乳洞に入る前に、博物館の中を強引にとおらされるってな作りだった。。。
冗談で盗まれちゃったりしないのかねぇ?重くて無理じゃない?なんて、言ってたものだけど、盗まれてしまったかぁ・・・・・・ってニュースでしたよ。
無頓着というか、のどかというか、なかなか面白いスポットだったから、少し悲しい気持ちだよ。

by とやまん | 03 23, 2007 - URL [ edit ]

そうだったんだ……。あんな甘いセキュリティーで金塊なんか展示しておいて、盗んでくださいって言ってるようなもんだ、盗まれて当然、なんて思ったけど、これは心がインド化してきた証拠? どう見ても盗まれそうだけどきっと誰も盗まないと思っていて、でも本当に盗まれてしまって悲しい、という気持ちはすごく日本的な感じがして良いです。そんな気の抜けた無頓着スポットが今後も生き残れる日本であってほしいですが、やっぱり難しいかな。

by SatyanamakMotiDD | 03 26, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。