プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】アリバーグの星空

01月19日, 2007 | 未分類

7 Comments

部屋探しと学校探しの時にさんざんお世話になり、
その後もお付き合いしていただいている芸術家夫妻の誘いで、
週末はムンバイの南の沿岸にあるアリバーグへと一泊の小旅行に行ってきた。
そこは夫妻の出会いの場所で、そのとき一緒だったメンバーも何人か参加して
総勢8人の旅だった。我々は同窓会的な旅行に混ぜてもらったことになる。
インド門(ムンバイ中心部の観光名所)から出ている船に40分ほど乗った後、
船着き場からバスに乗り換えて20分ほど走り、到着。
緑あふれる、のどかな田舎の風景。そこは意外なほど近かった。
泊まるところはふつうのホテルではなく、ファームハウスと呼ばれる
自炊もできる小さな家。たくさんの植物と利口なマスコット犬
(英語で「カムヒア!」と呼ぶとちゃんとやってくる)、そして
気持ちの良い人々に囲まれ、終始ノンビリと時間を過ごした。
海に行く時間がなかったのはちょっと残念だったが
短い時間で忙しく動き回っているよりは緑の中でリラックスしていた方がいい。

 

夜、道ばたに座って、途中参加の人が来るのを待っていた。
午後7時から9時半まで計画停電で電気が点かない。
月もなく真っ暗な夜。空には無数の星。
ムンバイで夜空の星を見上げることなどまず皆無だが、
このときは久しぶりに満天の星空を堪能した。
オリオン座、牡牛座、プレアデス星団(昴)と、日本でもおなじみの星々が
くっきりと見えて懐かしかった。
飛行機とも流れ星とも違う速度でゆっくりと夜空を横切る、
小さな光る物体は人工衛星だ。
意外なほどたくさんの人工衛星が地球の周りを回っていることに驚く。
さらに、流れ星でも飛行機でも人工衛星でもない速度で移動する、
何らかの発光体が目の前の空を横切るのもハッキリと見た。
あれは……UFOだな。間違いない。

 

停電中、買い物に出かけたとき、家々の庭先では小さな机で
ロウソク一本を灯りに読書をする人、手仕事をする人がちらほら。
停電していない市街の方角の夜空は白々と明るく見えた。
バイクが来るとヘッドライトの明るさが堪え難いほどだった。
ファームハウスでは、焚き火のそばで持参したギターを弾いたり、歌ったり、
野菜バーベキューをしたり。
ここではムンバイとは別世界のゆったりとした時間が流れていた。

 

翌日の夜、船でインド門に帰ってくると、ムンバイフェスティバルの
オープニングショーをやっていて、ライトアップされたステージの上で
アップテンポの最新ボリウッド歌謡に合わせてダンサー達が踊っていた。
夜中もギンギンのムンバイから、アリバーグの星空へは船で40分の近さだ。

スポンサーサイト

« 【MotiDD】インドの怒れる群衆~助けてガーンディー・ジー! 【MotiDD】あるインド人の夢 »

- Comments
7 Comments

満天の星空、懐かしいです。田舎育ちの私は、外に出て見上げれば(天気さえ良ければ)すばらしい星空を見ることが出来ました。
そこへ行けば流星群もいっぱい見ることが出来るんでしょうね~。

by みみ | 01 19, 2007 - URL [ edit ]

外に出れば満天の星空、それは羨ましいですね。
何十年か前までは、誰もが当たり前に見ていたものだったんでしょうね。
高校の頃、天文部に所属していたことがありまして、
ときおり秩父や志賀高原に天体観測に出かけたりしていました。
あの星空を見て、久しぶりにそのときのことを思い出しました。
今回は流星は一つも見られませんでしたが、
流星群の時期に行けば山ほど見られること請け合いでしょう。

by SatyanamakMotiDD | 01 19, 2007 - URL [ edit ]

人工衛星ってどんな速度で動いていくんだろう。見えない闇のどこかにダルシャン氏の夢の残滓が漂っていたりして・・頭がSFモードをひきずってる感じですな・・・(笑)

うっそりした木々の中でゆったり過ごす時間、素敵だね。
空気も湿度をはらんでしっとりしてるんだろうか。
船にゆられて40分で素敵なとこへいけるのだね、ムンバイの地図を見ながら、アリバーグってどこだろう?なんて、探してみたりしてるもんです。

うーん、アリバーグアリバーグ、どこだ???

by とやまん | 01 19, 2007 - URL [ edit ]

アリバーグはムンバイ市内じゃないので、ムンバイ地図には載ってないはずです。ちょっと書き方が悪かったかな。ムンバイより南の沿岸です。人工衛星は暗いので東京ではちょっと見つけづらいかも。一見、星のように見えるものがつつーっと移動していきます。速度は、速すぎず遅すぎず?? 飛行機みたいに点滅したりしないので、なんで星が動いてるんだろう、と思ったらそれです。

by SatyanamakMotiDD | 01 21, 2007 - URL [ edit ]

あはは、失礼。船で40分っていったら、波をかきわけ船はけっこう移動するね。
地図を眺めていたり、道筋を辿ってみたりしてたら、満天の夜空の下に行って、私も星を眺めてみたくなりました。

by とやまん | 01 23, 2007 - URL [ edit ]

こんなとんでもない時期に言うのも気が引けるのですが、新年明けましておめでとございます。今年もよろしく。わたし子供のころはけっこうへんてこなものを見る子供だったのですが、小学3年の夜見たものはぜったいユーホーでした。ぜったいです。5つの横並びの光がそのままの形でUターンして(すごい角度で!)ふっと消えたんです。信じてます。あれはユーホー。ところで今年こっちに戻ってくることあるんですって?お忙しいだろうとは思いますがそのときにはぜひ我が家にも寄ってくださいね。何でも好きなもの作ります。3月にどうでしょうの新しいDVDも届きます。いっしょにみましょうね。

by fc.toshio | 01 29, 2007 - URL [ edit ]

一月中ならオーケーです。あけましておめでとうございます。といっている間に早いもので二月になってしまいました。さすがにもうダメですね。

Uターンまでしてくれる「ユーホー」を見たら、一生忘れられないでしょうね。自分は小学1~2年のころに地味なやつ(?)を 1 回見たっきりでした。それ以外の不思議な飛行物体といえば、小石ぐらいの大きさのものが2つ並んで、目の前にかなりのスピードで真っ直ぐ飛んできて、眉間にガツーンと当たって(そんなに痛くなかった)消えたことがありました。当たった後その物体は見当たらず。あれは何だったんだろう。小学4年ぐらいだったかな。

具体的なことは何も決まっていないのですが、タイミングを見計らって帰省しようと思ってます。そのときはぜひお邪魔させてください。どうでしょうDVD楽しみです。南蛮漬け、今から予約しといていいですか。どうもありがとう。そろそろ梅が咲く季節かな? こっちは早くも蒸し暑くなってきましたよ。

by SatyanamakMotiDD | 02 01, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。