プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】お疲れさま(結果はともあれ)

12月13日, 2006 | インド古典音楽を習っています

3 Comments

今日、進級テストが終わりました。

想像/評判よりもだいぶ難問な試験でした。

どのようなものだったか、書いておきます。

 

==========================================

 

12畳ぐらいの校長先生の部屋に、

上がり框的に3畳ほどのスペースがあり、そこに座らされる。

タンプーラマシーンという機械が、

弦楽器の音を切れ目なく出し続けている。

 

正面に校長先生(女性)、

左脇に知らない先生(女性)といつも教えてくれる先生(女性)が並んでおり、

そしてぐっと手前の右側に、知らないおじさんが座っている。

この人が、私に出題してくる人らしい。

いつもの先生に、私への出題に使用すべき言語を確認したあと、

そして、下記のように非常に厳しい状況で、テストは進行した

 

① 黒板のようなものに、ランダムに音が並べて書いてある。4つずつが三列、計12~3コ書いてあった。たとえば、 シ(??) ファ♯(??) レ(??)  ラ♭(?) などという具合に、容易には続けて歌えないように並べてある。それを、歌え、と言われる。

(立て続けに歌うのはキツいけど、いっこいっこ考えながらならひねり出せるよ)

 

② 上記の黒板の一列を、今度は右から左に向かって歌え、と言われる。
(えっ……①で満足しようよ、おじさん)

 

③ 今度はその一列を、♭や♯があったところを普通の音に、ないところを♯や♭にして歌え、と言われる。
(ちょっとおじさん……)

 

④ おじさんが歌った音が何かを当てる。三つあるいは二つの音を連続して歌い、いっぺんに答える。「hmmmmm(レ♭)hmmmmm(シ)hmmmmmm(ファ♯)……といった具合。
(ふう、よくそういう難しい例題ばっか出せるよね……先生って人種はさ)
(でもそれ得意よオイラ、考えればわかるもんね)
(復唱する時にミ♭がちょいズレたけど、同席の先生方が「違うよ」「違うよ」と言うので、一所懸命探してもう二度三度歌ったら、正しい音を出せたので皆 満足してくれた)

 

⑤ ④をやっている過程で、たとえばレ♭とシ♭が出てくると、「それらの音を使うラーガは何のラーガか?」と聞いてくる(各ラーガの特徴をつかんでいるかどうかチェックしている)。それが二問。
(一つ目がPoorviとTodi。二個目のはBhairav。ばっちりだぜ)

 

⑥ じゃあBhairav のサレガマ(歌詞のない歌)の前半をやってみなさい。
(なるほどそう来るか。練習してきたもんね、大丈夫だよ、好きなラーガだよ)

 

⑦ 今 歌ったそれを、♭なしで歌いなさい。

(えぇ~!バカ言ってんじゃないっすよおじさん……マジっすか)

 

⑧ じゃあAasawariの歌(歌詞がある歌)を歌いなさい。
(それ歌えるよ……と言いつつ、な、なんとなく途中で自信なくなっちゃったな、もう一回最初から出直し……)
(ふう、なんとか終わったぜ……)

 

⑨ よくできたね。英語はしゃべれないの?

 

==========================================

 

テスト前、廊下で順番を待つみんなは、非常に緊張していた。

一人の女性など、「あの、このままやめて帰ってもいいんですよ……」と

言ってあげたくなるほどだった。

 

20分ほどでテストは終わり、私はたいへんにうれしかった。

結果はまだわからないのだが、とにかく終わったということがうれしい。

何を聞かれたか、何のラーガを歌わされたか、など

順番待ちの他の受験者の質問攻めに答えたあと、

足取りも軽く、ギュウ詰めの電車も愉しく帰宅した。

 

仕事の時間を割いて日々猛特訓をしてくれたSatyanamak、自分は試験を受けないのに心配してSMSや電話をくれたクラスメイト、温かい目で見守ってくれた校長先生と先生、その他私が知らないところで見守っていてくれた人に感謝しつつ、

 

あとは結果を待つだけだ。

 

特訓に励み続けたSatyanamak、その手になじんだ教科書とノートとともに。

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】日本から嬉しい段ボール箱が 【Satyanamak】ラナデー先生一門のコンサート »

- Comments
3 Comments

(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪ なかなか難しそうな試験でビックリです。
良い結果が出る事を祈っています。

by みみ | 12 13, 2006 - URL [ edit ]

普通の音楽も駄目なわたしには、ちょっとちんぷんかんぷんです・・。テストはとっても難しそうですね。質問してる先生たちの姿をちょっと想像してしまいましたよ。そして、⑨番目の質問、、、その返答にはおじさんもびっくりだったでしょう。

by ChumaChan | 12 14, 2006 - URL [ edit ]

みみ様 >>> ありがとう! 今日あのあと、学校で先生に会い、結果を聞いてみたのですが「まだ公式には発表できないのよ。でも心配ないわよ、よくできてたから」とのこと。お祝いにOrigamiで鮨を食べられる日は近いぞ……!待ってろよホタテ~!

ChumaChan様 >>> いやホント。先生って、日本でもサディスティックな性質の人が多いでしょ?インドも同じなんだな~と思いました。ここに書き忘れたけど、他にも非常にタフな質問が飛び出ました。負けないぞ。おー。でも英語は……(……)。

by 【MotiDD】 | 12 14, 2006 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。