プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】旗を背負う

11月13日, 2006 | 未分類

0 Comments

日本代表になる。
外国に暮らす、というのはそういうことだと、あらためて感じる日々です。

 

人は、身近な外国人を見て、その出身国のお国柄や、その国の人々の性格を見定めようとします。
そもそも一人や10人の人と接したからといって、その国の全体像がつかめるわけもないというのに。
それがわかっていてもやはり、一人のインド人が待ち合わせに遅れただけで
「インド人って時間にルーズなのね」と思ってしまいがちなのが私たちだと思います。

 

自分には、愛国心的なものはひとかけらもない、と思っていました。
日本の持つ風土や文化の一部は愛してやまないですが、
“国”としての日本というものには特に愛着を感じていない、というのが正直な印象です。

 

しかし、ここのところ、自分があの変な赤白の旗を背負っている、ということを
意識せざるを得ない状況になってきました。
そして、あの変な赤白の旗の印象を悪くしないようにと意識している自分に気づきました。

 

あの変な赤白の旗には、ご近所の国々に対して日本が行った残虐な侵略行為、
ならびにそれを無視し続ける日本政府を想起させられてしまうので、
旗はこれ以上いくら汚れてもかまわない、と思う一方で、
自分がその旗をうしろにデカデカと背負っていることにも、ふと気づかされます。

 

少女マンガの主人公みたくバラをバックに背負いたいとも思いませんが、
どうせ背負うなら、やっぱり汚れた旗よりは、きれいな旗を背負いたい。
そう思って、今日も日本代表はインド人の海に飛び込みます。

 

 

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】ムンバイで日本は 【Satyanamak】感動のヒマラヤ味噌 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。