プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】ディーワーリーの思い出・音楽篇

10月26日, 2006 | 未分類

2 Comments

デリーでのディーワーリーの思い出をひとつ。

 

デリーのチャーチャーの家にはコンピュータの得意な青年がいて、
日本にいた頃からMotiDDが彼とよくネットでチャットをしていた。
ネットやPCにずいぶんマニアックにのめり込んでいるようで、
MotiDDの話から内気なオタクっぽい奴なんだろうと想像していたが、
前の下見旅行の時に初めて実際に会ってみたら全然違った。
よくしゃべるし、客人に対する気配りはとてもしっかりしているし、
とても才能にあふれた好青年でいっぺんに気に入った。
コンピュータだけでなく音楽も大好きで、好きなだけでなく演奏も達者。
コンガと称して机や箱を指で叩くのだが、これが実に乗りが良くてカッコイイ。
今回は、空にした小さな引き出しを裏返したものを叩き、中にマイクを入れて

スピーカーで音を増幅するというアイデア賞ものの「コンガ」だった。

そのエレクトリック引き出しコンガと自分のギターとMotiDDのハルモニウム

(アコーデオンみたいに片手で空気を送りながら弾く小さなオルガン)

の三重奏で楽しく演奏していると家族親戚の娘さん達がやってきて
一緒に歌い出し、どんどん盛り上がっていく。
そのうち娘さん達がやおら歌い出したのが、Uden Jab Jab Zulfen Teriというとても古い曲。
大合唱に踊りも入ってもう楽しいのなんの。
自分も大好きな曲なのだが、いま調べてみたら1957年、もう50年も前のヒット曲だ。
こんな古い曲がこの21世紀にこうやって現役で生きているのだから恐れ入った。

かといって新しい曲にいいのがないということではまったくない。

新しいものは良い、古いのはダサイという価値観がないんだろう。

 

インド人はとにかく歌と踊りが大好きだ。
新しかろうと古かろうと、いい歌を心から愛して体ごと楽しんでいる。
すごく幸福な文化だと思うし、こういう豊かなインド文化をとても尊敬している。


 

Uden Jab Jab...を歌った歌手、Asha Bhosle。

半世紀を過ぎた今も姉のLataとともに現役で活躍中。

この曲は、ここをクリックして開いたページで4曲目をクリックすると聴けます。

スポンサーサイト

« 【MotiDD】出稼ぎということ 【Satyanamak】あふれる光と爆音の中、デリーから帰宅 »

- Comments
2 Comments

夢のような時間が流れてるんだね。ほんとうに素敵な一家。私はまだその一端しか目にしてないけど、君たちの話を聞くと、そこへ訊ねていきたくてしょうがなくなります。
でもそんななだけに、日本で暮らすマハー●氏の静かすぎる部屋を思い起こされて、なんだか私まで寂しくなってしまうものです。
覚えきれないような親族名称があふれる賑やかなインド人が、日本でひとりとかふたりとかで暮らすってのは、静か過すぎますね。。。

by とやまん | 10 26, 2006 - URL [ edit ]

とやまん相変わらずの書き込み、有難う。コメントしてくれた内容、デリーから帰ったばかりの自分的にとてもタイムリーな感想です。彼が家族と離れて日本で過ごした20年という時間は、子供がひとり成人してしまう、本当にとほうもない長さ。今回の滞在では、その難しさをひしひしと見せつけられることになりました。またメールするね。もうすぐその寂しい部屋へと戻っていくシンをよろしくね。

by 【MotiDD】 | 10 27, 2006 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。