プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】クリシュナについて想う。

10月15日, 2006 | 未分類

0 Comments

どういうことです このクリシュナときたら
कैसी यह भलाई रे कन्हाई Kaisi ye bhalaai re Kanhaai

水を入れた壺を
पनिया भरत मोरी Paniya bharata mori

いつもイタズラして落としてしまうの
गगरी गिराई करके लड़ाई Gagari giraai karake ladaai

まったくひどいこと
कैसी यह भलाई रे .... Kaisi ye bhalaai re ....

 

 

これも12月までに憶えなくてはならない歌のひとつです。
私のいまいちわからない言語、ब्रज भाषा の歌詞。
先生がヒンディー語に訳して教えてくれました。

 

「クリシュナ(ヒンドゥー教の神様の名前)が、イタズラばっかりして
水汲みに行く女の人たちを困らせるでしょ。
だからクリシュナのお母さんに言いつけて文句を言ってるの。
すごくいい歌よ」

 

短調の、悲しい曲調で、
メロディを聴く限り、この女の人たちはひどくつらそう。
河で水をくんで、水をいっぱいにした壺を頭にのせて家に帰る道に
クリシュナがいつもいて、ケンカを吹っかけて水を落とさせてしまう……
なんて、確かに頭に来るかも知れません。

ひどく悲愴なメロディなので、歌っていて、
自然と悲しい情感をこめてしまいそうになった、その時。
「はて。ホントにそんなに本気で文句を言ってるのかこの人たちは?」
とハッとしました。

 

クリシュナは一番 愛されている神様です。
ことに女性に人気があり、プレイボーイとして名を馳せる色男です。
幼児期のさまざまな逸話も有名で、
こっそりバターの盗み食いをするクリシュナの話などにも、
この神様のやんちゃっぷりがよく表れています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日は近所にある音楽学校で、踊りの先生たちによる発表会があり、
オリッシー、バラタナティヤム、カタックという
三種類のインド舞踊を観てきました。

 

中でも印象的だったのは、クリシュナのお母さんが
どんなにクリシュナを愛しているか、可愛く思っているかを
踊りで表現したものでした。
おいでおいでと手招きしてもなかなか手元に来ないクリシュナ、
来たと思った次の瞬間には、どこか遠くに離れて笑っているクリシュナ、
せっかく作ったバターを全部食べられてしまってショックを受けるお母さん、などなど。
彼女がいかにクリシュナを愛しているかが、表情や体の動きから
とてもよく伝わってきました。

 

夕食の後、Satyanamakのタブラとともに練習をし、その歌も歌いました。
そしてやっぱり思うのです。
この水汲みの女性たちが文句を言っているとしても、
それは愛がこもった愚痴なはず。
イタズラばっかりして困った暴れん坊だけど、可愛くて仕方ない……
そんな歌であるはず。
そう思うのです。

 

ミルクも牛からじか飲み。相手がクリシュナだから、牛だってOKです。

 

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】ムンバイの日常 【Satyanamak】オクトーバー・ヒート »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。