プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】高波にご注意

06月27日, 2013 | 今日のムンバイ

2 Comments
ムンバイの雨季といえば、ハイ・タイド、つまり高波がつきもの。
波が高くて船を出せないために漁業も下火になり、魚が入手しづらくなる。
今週は、一年を通じてもっとも波が高くなる「高波ウィーク」。
豪雨と高波に同時に襲われると、道に浸水する危険が高くなることもあり、
報道機関が、何時何分に何メーターの波が来る、と市民に注意を呼びかけている。

1.jpg

月曜日。いつも学校帰りにゴンさんと寄るバンドスタンドの海でも、
高く上がった飛沫が歩行者の顔を濡らすような激しい波が、遊歩道の裾に打ち付けている。
海に近づく階段に立ち、今にも足にかかりそうな波を見ていると、
お巡りさんに「後ろに下がりなさい」と注意された。
いつもこんなところに警官はいない。
高波への警戒のために配備されているのだ。
カーター・ロードの海にも寄ってみたが、やはり警官が二、三人たむろしていて、
同様に注意された。小さい子どもを連れているから目立つのかもしれない。
海沿いの歩道に入らず、車道にスクーターを止めて木の隙間から見ていたが、
それでも波が届いた。
ゴンさんとビックリ顔で見ていたら「レインコート着て来いよなぁ」と
フラフラ歩いていたにやにやオヤジに声を掛けられた。
レインコートを着て波に打たれびしょ濡れになる人々、というのが
確かに雨季のムンバイにはいつもいる。
そんなずぶ濡れに濡れるならなぜコートを着るのか不思議なのだが。

3.jpg


午後一時半時頃に五メーター近い波が来る、と予報のあった火曜日。
ゴンさんののろのろ食べを急いで切り上げて海に向かった。
少し雨がぱらついているが、大した降りではない。
海沿いのカーター・ロードに着くと、すでに野次馬がちらほら集まっている。
翌日の新聞には「高波に警戒してオフィスは早じまいし、街に人はまばらだった」
「リクシャーやタクシーの乗車率が三割程度下がった」と報じられていたが、
世の中警戒する人種ばかりではなく、物見高く波を見に来る人種もあるのだ。
見に来るだけではない、波を浴びに来る人種も。


4.jpg

この男。
完全に「海とオレ」になっていて、誰をも寄せ付けなかった。

5.jpg

波は無数のゴミや石くれを載せている。
濁った海水と一緒に絶対に当たっているはずなのだが、危なくないのか男よ。

6.jpg
スポンサーサイト

« 【Satyanamak】最近の画伯 【Satyanamak】久しぶりに朝のコンサート »

- Comments
2 Comments

こんな汚い水なら、濡れたくないなあ。
ましてやごみや石まで?やだやだ。
波にさらわれる人とかいないといいね。

by みみ | 06 27, 2013 - URL [ edit ]

あはは、やだやだ、ってv-40 実感こもりすぎ。
でも本当にゴミと石の量はハンパなくて、絶え間なく波に載せられて来るそのゴミを、無言で掃き清め続ける清掃員がケナゲでした。

by 【MotiDD】 | 06 27, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。