プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】インド代表もがんばれ

10月12日, 2006 | 未分類

0 Comments

インドでスポーツといえば、寝ても覚めてもクリケット。
新聞のスポーツ欄の90%ぐらいはクリケットのニュースで占められている。
ほかには、テニスで日本でもわりと有名なインド人選手、
サニア・ミルザが芸能人並みの話題になっている。
一方、サッカーはほとんど話題になっていない。
インドのサッカーの歴史は英領時代にさかのぼり、
カルカッタを中心に根強い人気があるようだが、
ここムンバイではサッカーボールを蹴る子供や若者の姿は見かけない。
今日はアジアカップの日本×インド戦がバンガロールで行われたが、
新聞では告知欄に試合時間が小さく出ていただけ。
それでもスポーツ専門チャンネルで生中継があったので観戦できた。
頭に包帯を巻いたBANDOという選手が2ゴールを決めたのが目立って、
アナウンサーに「バンデージ(包帯)・バンドー」と調子良く呼ばれていた。
これからもこの調子でばしばしゴールを決めてくれれば、
日本代表に救世主誕生となるのだが、果たして。
お約束の停電シーンも楽しめたものの、そんなにエキサイティングな試合ではなく、
仕事が忙しいこともあって前半戦のみで観るのをやめた。結局3-0で日本が勝ったようだ。

 

インド代表のエース、ブティア選手は東北部シッキム州出身のチベット系で、
一般的なインド人とはまったく違った顔立ち。
その名もベンガルの虎、インドサッカー界のNo.1スターなのだ。
前のワールドカップ予選の日本×インド戦で日本のテレビに登場した彼を

覚えていたが、そのときもほとんど活躍できずに終わった。
クリケットの牙城を崩すべく、インド代表ももうちょっと頑張れ。

 

またまた夕飯フォト。今日は残り飯のカレーチャーハン、ズッキーニとトマトのオリーブオイル炒め、

クノール中華スープ。インド+イタリア+中華のごたまぜ献立はなかなか上出来で今夜もご満悦。

スポンサーサイト

« 【MotiDD】楽器屋にて 【MotiDD】試練の道です »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。