プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】映画『English Vinglish』私見

10月22日, 2012 | インド映画

3 Comments
『English Vinglish(=エーゴだとか何だとか)』を観た。
英語のできない家庭の主婦が、姪の結婚式準備のため単身ニューヨークへ行き、
はじめは英語で苦労しながらも、一人ひそかに決心して英語学校へ通い始め、
やがて英語力を身につけるとともに自分への尊厳を取り戻していく……というお話である。

English Vinglish

この話、ふたつの点で、私には非常に共感できるところがあった。
ひとつは、社会的に評価される機会のない家庭の主婦が
自分の価値を見いだすために苦心している点。
もうひとつは、主人公がヒンディー語話者で英語が話せない、という点である。

もちろん生粋の日本人である自分を、“ヒンディー語話者”とは呼ぶのは間違っている。
しかしインドの都市部で「英語を話せない人間」というのは
イコール「高等教育を受けていない人間」と見なされる。
これは、「中高六年間の英語学習よりも専門学校二年間のヒンディー語学習の方を
熱心にやり、その後もインドやヒンディー語ネイティヴたちと関わり続けることで
ヒンディー語力は伸ばしたが、英語にはたいして注意を払わなかった日本人」
の私にも、なんと適応してしまうらしく、
「高等教育を受けていない人間」的に見られることが、ままある。
そういう意味で私は、このインド社会において自分を
“ヒンディー語話者”と位置づけて差し支えないと思っている。

ほぼすべて英語で行われているヨガのクラスで、
急に先生が思い出したように一言ヒンディー語で話したな、と思うと、
先生の顔は間違いなく私に向けられている。それは私にのみ向けて発された言葉である。
「英語も習った方がいいわね」と、その先生にも言われたことがあるが、
ヨガクラスに来ている他の日本の人が、英語で先生に話しかけられてとっさにわからずにいるとき、
それを日本語に通訳しているのはいつも出しゃばりでおせっかいな私だ。
しかしそのことに気づいている人はおらず、
先生が英語で言った「水曜日は休みです」というような簡単なことでさえ、
私が理解しなかったと考え、あとで親切なご婦人が
「水曜日は休みだそうよ」とヒンディー語で耳打ちしてくれたりする。

また以前インド人の友人とチャットをしていて、彼が“line”という言葉を使ったあと、
突如として沈黙したのでどうしたのかと思ったら、
「“line”(ライン=線)をヒンディー語でなんて言うのか考えてた」
と言われ、びっくりしたことがある。つまり、「英語で話さない」イコール
「ひとこともわからない・読み書きもできない」と理解されるのである
(アルファベットを使ってブラインドタッチ並のスピードでチャットしているにも関わらず、である)。

このように六年間ここで“えせヒンディー語話者”として生きてみて実感していることだが、
「英語よりヒンディー語の方が好きな風変わりなガイジン」という
私の実感に添った見方をしてくれる人はあまりおらず、
「英語の話せない」「教育を受けていない」「気の毒な」人、という同情あるいは
軽い蔑みの目で見られることの方が圧倒的に多い
(逆に英語を話せない本物のヒンディー語話者からは親しみの目で見られる。
ヒンディー語は彼らとうち解けて話す手助けをしてくれ、
心からリラックスした愉しい時間を過ごさせてくれる)。
なかなか理解しづらいことかもしれないが、これはひがみとかではなく、
素直な実感でしかない。そしてやはり、ひどいなー、と思う。

映画の中で、二児の母である主人公の主婦は、娘の保護者面談に行くことになる。
十代にさしかかったあたり、虚栄心の強い年頃の娘は、
英語の話せない母親をクラスメートやその母親、先生に会わせることを忌み嫌い、
「お母さんは病気で来られないって言うから。来ないでお願い」
「PTAの意味だって知らないくせに!」と言い募る娘に、
「PTAの意味は知らない。でも、Parents(親、保護者)の意味はよく知ってるわ」と
答えて面談に行き、先生にヒンディー語で話してもらうようお願いして、
なごやかに面接を終えて、家へ帰ってくる。
しかし娘はあくまで恥と捉え、ひどい思いをしたと母をなじる。

この母親、家事を立派にこなす傍ら、手作りお菓子の宅配ビジネスも手がけ、
おまけにサリーの似合う美人で、私に言わせたら非の打ち所のないパーフェクトな女性。
しかもわざわざヒンディー語紙を自分だけのために購読し、
新聞に毎日目を通して世の動きにも目を光らせている。
メディアといえばテレビ、
テレビといえば嫁姑ドロドロのホームドラマやコメディ、神様ものドラマ、
でなければ歌や踊りのコンテスト番組しか見ない人々が大多数を占めるなか、
こんなインテリな良妻賢母には、そうお目にかかれない。
それなのに、「英語ができない」というただの一点だけで、
子どもと夫から笑われ、疎外感と無力感に襲われ、
次第に自尊心をむしり取られてゆくのだ。

マラーティー語でお弟子さんたちに教えていた音楽家・故ラナデー先生が
「いまのムンバイに、何かひとつの言語を満足に話せる人はいない」と
おっしゃっていたそうだ。
母語であるマラーティー語も、外国語で準公用語である英語も、
国の公用語で他言語地域の人々との会話や映画・テレビに使うヒンディー語も、
いずれも中途半端。
こんなことで詩や文学はどうなるのだろう。
何語で心のうちを語ればいいのだろう。
インドで生まれ、インドで育ち、インドを表してきた言葉はどうなっていくのだろう。
危機感を抱きながらも、「まともな現金収入を得るには英語」と何十年もやってきた結果、
誰も後戻りはできなくなっている。
人を誤った基準で量り、分け、隔てる。社会を見えない壁で二分する。
それが現代の、インドの言語が抱える残酷な現実。

最初はヒンディーで話していても二言目には英語に戻っていってしまう人に
「すみませんがヒンディー語で話してもらえますか?」と言うたび、
だからちょっとずつ心が暗くなる。
ものすごく深刻な問題だと思うのだが、この『English Vinglish』でも
「いくら知的に豊かでも、英語が話せないとまともな現代人と認められない」という問題は
「主婦と自尊心の回復」に中途ですり替えられ、満足に語られることはなかった。
この点がとても残念である。

Blue Saree
意地悪なカフェ店員にいじめられ泣くシュリーデーヴィー。青いサリーがきれいすぎる!
スポンサーサイト

« 【Satyanamak】ゴンちゃんギャラリー 【MotiDD】ゴンさんのムンバイ研究 »

- Comments
3 Comments

はじめまして。最近このブログを見つけて時々拝見させて頂いていますが、今回の内容に特に共感しましてコメントさせて頂きました。

 実は僕も日本やインドの某教育機関で大分ヒンディー語を学んだのですが、やはり英語にはほとんど注意を払わなかったクチです。今現在はデリーで生活していますが「気の毒な人」とこれ以上認識されないよう、時すでに遅しと思いながらも必要な時は英語で話すようにはしています。

 また、ヒンディーを話す時も下手に読み書きを重視する高等教育を受けてしまったばかりに、会話から高級語彙を切り離す事が難しくなっています。そのため、教育を受ける機会のなかった人には理解されない事も多々ある他、デリーの若い人からは「田舎の爺さんみたいなヒンディー」と言われる始末。

 言語的には、僕の置かれた状況は正に『धोबी का कुत्ता』です。もっとも歴史的に考えたらムガルの時代もイギリス統治時代も支配層と被支配層の言語が常に違う状況にありましたから、この心が冷えるような状況もむべなるかな、とは思っています。

 とはいえ、いわゆる人を教える立場にいる人でさえ、自分の母語で当たり前の文章ですらまともに書けず、それをまるで恥じる様子のないのを見ると、非常に情けなく、また危ういものを感じています。

 なので、今回のMotiDDさんが同じような問題意識を持っている事を感じて嬉しくなりました。これからも時々拝見させて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

by 洗濯屋ワンちゃん | 11 03, 2012 - URL [ edit ]

この映画、見たいと思って、なかなかヒンディー映画が来ない地域に住んでいる+まやっぺが一緒だと映画が観れないという理由で、きっとDVDになってから見ることになると思うわ。この女優さん自身、子育てが終わって15年ぶりのスクリーン復帰なんだよね。
インドでは、言語は社会的・政治的ステータスと密接につながっているからね。特にヒンディー語圏では、英語が不思議な力を帯びて存在していると、私も感じていたよ。ケーララやポンディでは、そういう現象はあんまりないけど。
ちょっと気が早いかもしれないけど、私はまやの母語教育はきちんとしたいと今から意気込んでるよ。インドに生まれ育って、豊かな文化を培ってきた言葉を操れずに英語で済ませるような人生は送って欲しくないと思うから。
それにしても、本当に綺麗な青のサリーだね。こういうの見ると、サリーを着こなせるようになりたいなぁ、と思っちゃう。現実は、暑くて、歩きにくくて、「こんなもん二度と着るかー!」だけどね!

by KANA | 11 04, 2012 - URL [ edit ]

洗濯屋ワンちゃんさま >>> せっかく初めてコメントいただいたのにこの遅レス、失礼いたしました。友人の婚約式のためムンバイを離れ、インターネットの世界からもまた遠く離れておりました。

私も最初のころは「ヒンディー語話者で何が悪い!」と堂々とヒンディーで通す気概を持っていたのですが、こちらでいつしか六年も経ち、ヒンディー語話者で喜ばれる時間よりも軽んじられる経験を多く積むなか、ちょっと疲れてきました。

いただいたコメントから想像を逞しくしてみた限り、洗濯屋ワンちゃんさんの日本語もまた、現代の若者日本語とは違った、文語に近い話し言葉なのではないかと思われました(「むべなるかな」なんて最近は聞いたこともない人が多いのではないでしょうか、痛むべきことながら)。それを思えば、「田舎の爺さんのヒンディー語」は洗濯屋ワンちゃんさんのキャラに添ったものと言えなくもなく、それはそれでアリかなぁ……と思うのですが、いかがでしょう(想像だけで勝手なことを申し上げましてすみません)。私も「昔のヒンディー映画の女優さんのような話し方」と言われたことがありましたが、これはけっこううれしかったですねー。特定の家に首輪をつながれずとも、ガート中のすべての家に少しずつ撫でてもらって、おいしい残りご飯を分けてもらえるよう、両方の言語/人品を磨いていきたいものです。

「こんな悩み、わかる人は皆無なんじゃないかなぁ」と思いながらの投稿でしたので、思いがけないところから共感の声をいただいてうれしかったです。最近は子どものネタばかりになってしまっていますが、ぜひまたいらしてくださいね~。

-------------------------------------------

KANAちゃん >>> マラーヤラム語教育、ぜひぜひ頑張って! そういう声を聴くのはうれしいよ~ホント。KANAちゃんにとっては母語じゃないので教えるのも大変だろうなぁと思いますが、ケーララの家族もいるし、きっと立派にやれるね。

今回レスが遅くなってしまったのは友人の婚約式のためデリーに行ってたからなのですが、そこでも改めて思ったけど、結局みんな、自分の母語が好きなことは好きなんだよねー。泊まった家では、お祝い事だというので夜通しつまんないリミックス系の音楽かけて騒いでたんだけど、最後には彼らのガルワーリー方言の音楽がかかり、そこがやっぱり老若男女、一番盛り上がるの。

そうそうサリー、そうなのよー、この青ねぇ、たまんないよねー。ちょうど婚約式に着ていく勝負服を買う前にこの映画を観て、それまで「アナールカリーか、サリーか……」で迷っていたのが、これを見てだいぶサリーに気持ちが傾き、結局サリーに決めたのでした。でもサリー道楽を始めると破産決定なので、果てなき道の入り口をのぞき見た程度でやめておきます。ケーララは名産地、KANAちゃんはどんどんハマっていってください!

by 【MotiDD】 | 11 10, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。