プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】ゴンさんのムンバイ研究

10月07日, 2012 | 今日のチントゥー

2 Comments
スクーターで、車で、オートで、歩きで移動している。
ゴンさんはじっと外を見ている。たえまなく動く街を見ている。

二歳の頃から“タタ・ナノ”を皮切りに、街を走る車の判別を始めた。
名前を知らない車を見かけると「あれはなんていう車?」と知りたがり、
いまでは車の名前はあらかた覚えてしまった
(ムンバイの街を走る車の車種は日本のそれよりもだいぶ少ない)。

厭きたらず、今度はオートリクシャーとバスの細分化を始め、
道端に立つ「危ない箱」(配電盤)の観察を始めた。
曰く(はっきりいってややこしいし、めちゃくちゃ個人的な分析なので、興味のない方はどうぞ読み飛ばしてください)



オートリクシャー
オートリクシャーには「スランティング・オート」「スタンディング・オート」「スリーピング・オート」の三種があるらしい。“スランティング”とは“slanting=斜めになっている”のことで、後ろのライト上部に傾斜が見られることからの命名と思われる。比較して、スタンディング・オートの後ろのライトは、その名の示すとおりスッと立つ長方形である。だいぶ古ぼけてガタが来かけているリクシャーによく見られる。

左がスタンディング・オート(タテ)、右がスランティング・オート(斜め)。
よくわからないかもしれませんが、ライトの形が違うんです。

slanting auto


一方「スリーピング・オート」は、いまだムンバイで見かける確率は百台に一台という稀少な種で、写真撮影ができず、借用写真を使用せざるを得なかった。TVS という南インドを拠点とする会社の、キングという種類のリクシャーで(大多数のリクシャーはバジャージ社製)、まだまだ新しいようだ。なぜ「スリーピング・オート」と名付けられたのかについては、ゴンさんに何度か訊いてみたものの、釈然とした答えが返ってこず、謎のままである。

sleeping auto back
スリーピング・オート。前から見た顔の印象はこれまでのバジャージ製とかなり違う。
テールランプは、一見したところスランティング・オートに似ているようだが、
オレンジ灯、白灯、赤灯がタテ三層になっているのではなく、
オレンジと赤の間に白が埋め込まれている形になっている。




BESTバス(エアコンなし)
BESTバス(ムンバイ中を走る赤色の市営バス)には「スタンディング・バス」と「スリーピング・バス」があるそうだ。スタンディング・バスは、後ろのライトが縦に長い(=立っている)ことから、スリーピング・バスは同じく後ろのライトが横になっていることから命名されている。スリーピング・バスの前のライトは必ず丸型、スタンディング・バスのヘッドライトは四角いらしい。本当かしら、と街ゆくバスの後ろ前をそれぞれ見てみると、いまのところ例外なく確かにそのようになっていた(証拠写真がなくてすみません。ムンバイ在住の方、街を走るバスでご確認ください)。両者を比較すると、スリーピング・バスの方が数多く走っているようだが、地域によって偏っているという可能性も捨てきれず、研究の余地あり。

sleeping bus 2
走って来るバスを前から撮って、走り去る同じバスの後ろ姿を撮ろうとしたが、
シャッター反応遅し+通行人が邪魔でテールランプうまく写らず。



危ない箱

carter road abunai

街の至るところに危ない箱がある。幼児の背丈ほどのものから大人が見上げるほど高いものまで、色は赤、オレンジ、ブルーグレー、白などヴァラエティは豊富である。もっとも一般的に数多く見られる赤い危ない箱には「DANGER ख़तरा」「DANGER धोका」などと、たいてい英語+ヒンディー語ないし英語+マラーティー語の二言語で「危険!」と書かれ、ゴンさん呼ぶところの「危ないマーク」つまりガイコツマークが描いてあるが、残念ながら白黒の安っぽいチラシが上からべたべたと貼り付けられ、その重要な注意喚起のメッセージが隠れてしまっているものも数多く見られる。

これはペイントに紛れて消えそうabunai-mark.jpg

電力会社が設置したもの、電話会社が設置したものなどで色や大きさが異なるのだが、これについての細かい追究はいまのところ行われていない。現在のところ「カーターロードとバンドラ・タラオの横にのみ金網の窓があって中身が見える“アミアミの危ない箱”がある」「危ないマークには本当に危なそうな怖いものからニッコリ笑ってフレンドリーなものまで、いろいろな顔がある」といったところまでの観察に留まっている。

mecha abunai mark
通学路上で見つけた白い危ない箱には、なんと八言語で「危険!」と書かれていた。
顔もなんかガイコツというよりは半端に生きてるスキンヘッドの親爺っぽくて怖い。
それもそのはず、通常の危ない箱は400ボルトだが、
よくよく見ればこれは二桁違いの一万一千ボルトである。
うわー危ない!!!


スポンサーサイト

« 【MotiDD】映画『English Vinglish』私見 【MotiDD】水がめ、満ちました »

- Comments
2 Comments

子供の観察眼てすごいよね、もちろん記憶力は言うに及ばず。
これからもう少し気をつけて見てみます。

by みみ | 10 07, 2012 - URL [ edit ]

リクシャーに乗る機会の多いみみさん、いつかスリーピング・オートに当たったら、
ゴンさんに自慢してやってくださいね!

by 【MotiDD】 | 10 08, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。