プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】さよなら太郎

11月07日, 2011 | 未分類

2 Comments

taroes_small.jpg

その日の朝、獣医さんにはもう助からないと宣告されていた。
注射で安楽死させるのが一番いいと言われた。
でも病院の台の上で注射を打たれて息絶える太郎なんか絶対見たくなかった。
猫はしぶとい。A cat has nine lives なんて言うじゃないか。
そんなに早くあきらめないで獣医さん通いを続けて闘病を頑張ってみよう、
と思っていた矢先の夕方だった。太郎はあっけなく行ってしまった。
5分だけ苦しそうにして、家族3人に見守られて。
一番さびしくなるであろう春ちゃんは出てこなかった。

もう少し一緒にいたかった。
あのでっかい背中をいっぱいさすりながら、最後のお世話を一生懸命やりたかった。
尿結石持ちで療法食しか食べられなかった太郎。
食いしん坊の太郎にもっと美味しいものを食べさせてやりたかったが、
最後の数日間は食べ物をまったく受け付けなかった。
今ごろは天国でたらふく食べてるだろう。

図体はでっかいくせに気が小さい甘えん坊、あのボリューム満点の
身体をぐいぐい押し付けてきて存在をアピールしてはゴロゴロ言っていた、
あの太郎がもういないなんて。まさに心にぽっかり穴が空いてしまった。

太郎はこの世の猫ではなくなってしまったが、ブログのタイトルはそのまま。
あの白黒はいつまでもゴロゴロ言いながら我々のそばにいるのだ。

太郎祭壇
火葬を終えて呆然としている我々の代わりに、シェフとみみさんご夫妻が
太郎のお骨(後方中央の青い缶)にこんなにたくさんのお供えをしてくださった。

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】ムンバイで得たもの、失ったもの タイトルなし »

- Comments
2 Comments

太郎ちゃん、今は何でも好きな物をいっぱい食べているでしょうね。
そしていつか生まれ変わって会いに来てくれる気がしています。

by みみ | 11 07, 2011 - URL [ edit ]

その節はほんとにありがとうございました。鮭にウナギにかつお節、食べ放題いただいてさらにでっかくなって寝てると思います。太郎の生まれ変わりが来たらきっとすぐ分かるでしょうね、あんなおかしな猫はなかなかいませんからね。

by 【Satyanamak】 | 11 08, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。