プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】太郎さん

11月02日, 2011 | 具合が悪い

4 Comments
太郎さんの具合が悪い。
一週間ほど前から、おなかなどビショビショにしながら
お風呂場にべったり寝そべっていたりして、様子が変だった。
日曜ぐらいから、歩かなくなった。
無理に歩かせようとしても、そこに立つことすらせず、
ぺたんとお腹をつけて寝そべってしまう。
月曜日、医者に行った。

それから毎日、太郎さんを連れて、朝晩医者に通っている。
血糖値が1,000を超えていて(通常値60~110程度)、
肺に水が溜まっており、肝臓に問題がある。
肝臓疾患と糖尿病が併発しているために、治療を難しくしている、とのこと。
また、インドでは糖尿病用の療法食が手に入らず、
必要な入院設備を完備した信頼に足る病院がないため、
完治を目的とする治療は望めず、
一日でも長く生かしておくことを目標とする延命治療になる、という。

メガネをかけた痩せた若い女医さんが頑張ってくれている。
消毒臭い獣医さんでの点滴、血液検査。太郎さんにもつらい日々が続く。
ごはんをまったく食べないので、鼻から管を通して食べさせなくてはならない、と
言われていたが、口の横から無理矢理入れてなんとか二粒食べさせたら、
それならそのやり方でいい、と言ってもらえてホッとした。
糖尿病用の療法食は日本から個人輸入できるはずなので、
先生とよく相談したうえ、今日にも手配する。

猫十三歳といえば、たしかに老齢ではあるが、いまどき老衰の年齢ではない。
臨時で日本に連れ帰って治療させる経済力はないが、
我々の都合でインドに来たからといって治療を断念し、
みすみす衰弱死するのを見ていることはできない。
毎朝晩通うのは、太郎さんだけでなく連れて行く我々にも負担だが、
幸い引っ越してから以前よりも獣医さんが近所になったし、
あきらめずに治療の道を探ってみる。

太郎さんを可愛がってくれたことのある方々、
あの大きな太郎さんのためにお祈りしてあげてください。
お願いします。

taro.jpg
なんかご臨終みたいな写真でちょっと困ったのですが、熟睡中の太郎です。
スポンサーサイト

« タイトルなし 【MotiDD】ハッピー・ディーワーリー! »

- Comments
4 Comments

太郎さん。。。よくなりますように。

by えりか | 11 02, 2011 - URL [ edit ]

太郎さん、がんばって~!!!
motiDDちゃん一家もサポート大変だろうけど、根気強くね。応援しています!

by Chuma chan | 11 02, 2011 - URL [ edit ]

もともと活発に動く太郎さんじゃなかったけど、ぐったり元気の無い様子は見ていてせつなくなりますね。
太郎さんが少しでも楽に、長くmotiDDさん一家と過ごせますように。
ゴンちゃんの元気な様子が心を和ませてくれるのがありがたいです。

by みみ | 11 02, 2011 - URL [ edit ]

えりかさま >>> 太郎さんとは下の世話までしていただいた仲ですね……遠くからのウィッシュ、有難う!

Chuma Chan >>> 早く帰ってきてお見舞いにきてくれぇ~。

みみさん >>> そうなんですよ~。具合はいっこうに変わらず、相変わらず歩かないし朝晩の病院通いもしばらく続きそうですが、さまざまの数値は微妙によくなっているので、希望を捨てず頑張りまっす!

by 【MotiDD】 | 11 03, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。