プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】家族そろって赤痢(仮)です

01月12日, 2011 | 具合が悪い

5 Comments
ムンバイ、ここのところ水道の水が黄色いです。
行政は「安全性に何の問題もない」と宣言したそうですが、
果たしてどうなのでしょうか。
下痢、嘔吐、発熱の三拍子揃った症状を訴える人々が、
私の身の回りだけでもめちゃくちゃ増えています。

まず最初に出たのはゴン太さん。
冬休みが明けて3日、元気に学校に行き、翌4日、
朝からなんだかゴキゲンが微妙。
ともあれ学校に送り出し、帰ってくると下痢が始まっていました。
晩には一度吐き、翌日は40度の発熱。

カーレ先生に電話して症状を話してみると、
「いま子どもたちの間で流行っている感染症で、1~2日で良くなるだろう」
とおっしゃいました。その言葉だけを頼りに、愚かな我々は、
日本から来ていた友人とのゴア旅行を決行してしまったのです。

おかげでゴアではずっとこんなゴンでした。

onaka-itai2.jpg
「ゴンちゃんつらいね、ごめんね」と謝ると「つらい!」とひとこと。

onaka-itai.jpg
発症後(中央)と潜伏期間中(右)


ほとんど何も食べず、ちょっと食べるとお腹が痛み、
また排泄が済むと少しスッキリするようで、ご機嫌の上下が激しいゴン太さん。
それでもお腹が痛いとぐずぐず泣いて部屋にいるよりも、
スクーターで川へ出かけたりすれば気分も少しは晴れるようで、
「かーーわ!」と大きな可愛い声が聞こえたりもしました。
ほとんどの時間を抱っこで過ごさなくてはなりませんでした。
ゴアで診てもらったお医者さんは、いまひとつ信頼してよいものかわからず、
でも言われた薬をあげて様子を見ていましたが、とうとう3泊の旅行中
最後まで、ゴン太さんはかわいそうに、腹痛ゴンちゃんでした。

ムンバイに帰ってきた翌日、さっそくカーレ先生に診てもらうと、
これは赤痢に違いない、薬を飲まなくては治らないが、
薬で間違いなく良くなるから大丈夫、ということでした。

カーレ先生の薬が効いたのか、家に帰って安心したのか、
少しずつ、一人で遊べるようにもなってきました。
排泄もふつうの形状に戻ってきました。

と思いきや、日本の友人が帰国するその日、私が下痢と発熱に襲われました。
Satyanamak が、家族内の感染率は40%、と怖ろしいことを
インターネットで調べてきました。
吐瀉物や便などから経口感染……と聞いて、あぁ、
あの時ゴンが吐いた直後のほっぺにチュッがまずかったか……と反省するも今や遅し。
おかげではるばる日本から遊びに来てくれた友人を空港へ送り出すこともできず、
ゴン太さんと窓からのお見送りになってしまいました。

続いてSatyanamak もその晩から下痢スタート。
嘔吐や発熱の症状はないものの、これはヤバイ、とSatyanamakは本日単独で、
近所の病院へ行って検査を受けてきました。
「水が悪くなっているせいかもしれない」とお医者も言ったそうです。

今朝の新聞によれば、コレラも流行りだしているということ。
これはもう、歯磨きの水もミネラル・ウォーターに頼らなければならない、
そんな怖ろしい環境になってきているのかもしれません。

あと3日は黄色い水が出るがそれ以降は透明に戻る、との行政の発表。
頼りにならない市政より、拝むはミネラル・ウォーターですが、
そんなお金のない家はどうするのでしょう。

蛇口から透明な水の出る日が待たれます。

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】突如出現、蜂の巣! 【MotiDD】ゴア、月夜に迷う »

- Comments
5 Comments

ごんちゃん、「つらい」って言うんだ!!なんかおもしろい。つらいって単語、こんなにちっちゃいときから知ってるんだねえ。
それにしてもお大事に。

by えりか | 01 12, 2011 - URL [ edit ]

ああ、とうとう家族全員が感染したんですね。
今朝、ベジ猫ママさんから電話で水に関する問題を聞いたところでした。
幸い私たちにはボトルウォーターが豊富にありますが、困る人たちが多いでしょうね。
ともかく、3人とも早く元気になってください。
そしてムンバイ全体が元気になりますように。

by みみ | 01 12, 2011 - URL [ edit ]

えりかさま >>> はるばる欧州からありがとう~。寒い~? “つらい”は今回のこの病気で身についた言葉だと思います。つらい?と聞かれることで、“そうか、こういうのをつらいっていうんだな”と。“おなかいたい”も同様に憶えたのですが、叱られたりして優しくしてほしいとき、抱っこしてほしいときにも「オナカイタイ!」と言うのも憶えてしまったよe-274

みみさま >>> そのママさん、みみさんからゴンの不調を聞いたが大丈夫か、とすぐにお電話くださいました。みなさん、ありがとう。ゴンはほぼ通常のニコニコゴンに戻り、私は熱も下がり下痢も止まりましたが、Satyanamak はいまだ不調。病院の検査では“コレラではない”ということだけしかわからず。ホテルでは水、黄色くないですか?

by 【MotiDD】 | 01 13, 2011 - URL [ edit ]

チントゥー君、そしてご両親、ともにまずは回復してくれていて一安心でした。
旅の思い出をいろいろ想う帰国後の日々ですが、家族が病気してる間の心労・・・重いね。
赤痢(仮)かもしれない下痢を持って帰って、まだ疲れを自覚してないうちに先に母に体調くずされたときには、一気にどっと何か重石のように襲ってきて、参ったもんです。
母にかゆなどつくりつつ、ああ私がかゆを作ってもらいたいぐらいだよなぁ~とか、いささか頭をよぎったりしてね(笑)

見送りはなくても全然OKだよ。
また行こうという気持ちでの帰路だったから、別れの時間があまり別れの時間ではなかったと感じてもいるよ。
うん。またね。

by 体調不良旅行をともに決行した友人T にて | 01 23, 2011 - URL [ edit ]

いやいや、とやまんの潜伏期間を指折り数えるような日々でもあったから、たいした病気を持ち帰らなかったようでまずはよかったっす(とはいえ下痢はご苦労さんでした)。赤痢にコレラにマラリアと選びたい放題だったからねぇ~。うん、小さな子どもがつらそうなのを見てるのは、精神的には自分がつらいよりずっとつらいもんです。いつも元気に走り回って笑っているだけに、ギャップもすごいしねぇ。अब खूब मेहनत करके फिर मुसाफिर बनने की तैयारी में लगे रहिए, हम आपकी राह देखेंगे ।

by 【MotiDD】 | 01 24, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。