プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】生命力

09月17日, 2010 | 未分類

7 Comments
compost.jpg

これは、コンポストの写真。
台所の窓の外に、鉢植えがいくつか置いてあって、
そこに並べて置いてある。
気が向いたときに、野菜や果物のくずを細かく切って入れて、
気が向いたときに、ゴン太さんのお砂場セットのスコップでかきまぜている。
小さなバケツに土を入れてフタをしただけ、何の工夫もしていない、
コンポストと呼ぶのもおこがましいような、小さな生ゴミ処理場。
虫が湧いたり臭ったりという害は発生していない。

たぶん石榴の種だと思う。発芽した。
いくつもいくつも出ていた。
コンポスト界にはありがちなことだと思う。
植え替えをして様子を見てみることにした。

そもそも、鉢植えの大半は、植木鉢の上に投げておいた種から出てしまった芽を、
別の鉢に移して水をあげているものだ。
ライチとレモン。レモンの茎はもう緑ではなく、立派な枝になっている。

このレモンの葉っぱに、ときどき蝶々が飛んできて、
ぺっ、ぺっ、と気軽に卵を産み付けていた。
こんなに楽に産めたらどんなに楽だろな~と思ってしまう気軽さで、
ひらひらどんどん産んでいたので、当然のごとく、
気づいたらアオムシがいくつも発生していた。

the-very-hungry-caterpillar-01.jpg

『はらぺこあおむし』(エリック・カール著)はゴン太さんの愛読書のひとつ。
アオムシがいろんなものを食べていって、最後には蝶々になる話。
よし、ここでひとつアオムシを飼ってみよう。
都会育ちの母の虫ギライをゴン太さんが受け継がないよう、
母ともども少し虫に慣れておこう。そう思った。

出し抜けに存在に気づくとかなりギョッとするが、
そこにいるとあらかじめ知っていて観察している分には怖くない。
タッパーに入れて、レモンの葉をあげると、
パチ、パチ、パチ、パチ、と音を立てながらきれいに囓りとっていく。
まるちゃんとカクちゃん、と名前をつけて、何日かすると、

ある朝、元気がなくなり、動かなくなってしまった。
と思うと、それらはさなぎになっていた。
アオムシと同じ緑色をしたさなぎだった。
ほとんど動かずに転がっているだけで、
しかもカクちゃんとまるちゃんの見分けもつかなくなってしまったので
(といっても名前で呼んで見分けていたのは私だけだったが)、
興味を失ってしまった。このまま死んでしまうのかもしれない。

小学校の先生をしていた知人が、転がっている状態では羽化しない、と教えてくれた。
どこか身体をべったり地面につけていない状態で固定しないと、
羽根を広げたり出てきたりできない、という。
それを聞いたSatyanamak が、二匹のうち一匹を、両面テープで壁に固定した。
一匹はそのままにして放置してみた。

100_2492.jpg

お料理に来てくれているウシャーさんにも、一匹わけてあげていたので、
毎日「そっちのアオムシどうですか?」と聞いていた。
子どもたちが喜んで飼ってくれているようだった。我が家のさなぎを見て
「こんな形になって、ぶら下がったまんま、動かなくなっちゃったわよ」
と言っていたので、もし家の二匹が羽化しなくても、ウシャーさんちの一匹だけは
きっと蝶になってくれるだろう、と望みをつないでいた。

ところがある朝、その我が家の二匹がまるっきり蝶になっていた。
アオムシ時代からの馴染みのタッパーに、二匹のアゲハチョウがじっととまっている。
そのあまりの急激で劇的な変化と、人間とかけ離れた形と質感、
模様の美しさが怖くて、虫ギライを克服……などという初志を忘れて
ゴン太さんに見せながらもワーワーぎゃーぎゃー言ってしまった。
やっぱり怖いものは怖い。

100_2495.jpg
100_2502.jpg

アオムシ時代には這っていたのに、どうして飛び方を知っているのだろう。
窓を開けてやると、ふわふわっと外のシャクティ・ツリーの方へ飛んでいってしまった。
ゴン太さんとさよならを言ってお見送りした。
濃い緑色にまぎれて、すぐに見えなくなってしまった。

アオムシ時代には、ゴン太さんのプレイグループにも持って行って、
子どもたちに見てもらったりした。
ちょうど『The Very Hungry Caterpillar』(『はらぺこあおむし』英語版)を読む月間だったので、
子どもたちはもちろん、先生たちもとても喜んで見てくれた。

土があって種があれば、どんどん芽が出てしまう。
葉っぱがあれば蝶が来て卵を産み、そこから新しい蝶が生まれ飛び立つ。
コンクリートの高架や壁からも菩提樹の木が生えてくる、
この土地の生命力に、感嘆せずにはいられない。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

【2010年9月19日追記】

レモンの鉢に置いてある石榴の新芽たちのようすを見ていたら、
だしぬけにまた、レモンの葉っぱのうえにアオムシ発見。どっきり、どっきり。
よく見てみれば、もう一匹。
まるちゃんカクちゃんの写真は撮れなかったので、
せめてこの新顔さんの写真を載せておきます。

aomushi.jpg
スポンサーサイト

« 【Satyanamak】一時帰国と部屋探し 【MotiDD】ミー・ムンバイカル・ゴンちゃん »

- Comments
7 Comments

あっしの名前をつけてくれて、バホットありがとう。
でも今は、カクちゃんと区別できないのかぃ。
師匠が両面テープでくっつけてるの、ザリアンカルギィ(ばほっとあっちゃ)

by tora | 09 17, 2010 - URL [ edit ]

青虫と聞くとモンシロチョウを想像していた私ですが、こんな立派なアゲハチョウになったんですね。
2匹とも蝶になってくれて、本当に良かったです。
ちなみにうちの旦那は蝶を見るのも嫌いです。
かわいそうにね。

by みみ | 09 17, 2010 - URL [ edit ]

とらちゃん >>> むむ、おまえさんと同じ名前とは気づかなかった。それを聞いて心配になってきた。まるちゃん、ちゃんとまっすぐ飛べているだろうか。よそ見して飛んで、電柱にぶつかったり穴ぼこにハマったりしてないだろうか……

みみさん >>> そうなんです~立派でしょう? でも悲しいことに、ウシャーさんちのは死んでしまったのです。黒くなってアリにたかられたって……怖いこわい。ご主人、なんとなくわかるような気がする……あったかくて柔らかいのが好きそう。また叩きにいらしてくださいね~v-283

by 【MotiDD】 | 09 18, 2010 - URL [ edit ]

最後の青虫君の顔、妙にかわいいところが、怖い!!
私も虫は好きじゃないんだけど(嫌いではないけどね)
ケーララのこのジャングルの中に暮らしていると、虫の
神秘を認めざるを得ないよ。模様といい、色といい、
動き方といい、すばらしい奴らです。

by KANA | 09 19, 2010 - URL [ edit ]

KANAちゃん、ありがとう。素敵だねぇ、まやちゃんはジャングルガールだ! ケーララの虫たちは、やっぱり日本のよりビビッドなんだろうねぇ。こちらはご存じのとおりコンクリート・ジャングルなので、こうしてこちらから積極的に生活に取り込んでいかないと、そういう素晴らしさに触れられないのよ~。このアオムシは見た目だけでなく性格も怖くて、ちょっと怒りっぽいヤツでした。また蝶々になるといいなぁ。

by 【MotiDD】 | 09 21, 2010 - URL [ edit ]

すごいね、羽化したんだ。
レモンの葉っぱにはチョウチョがよく来るってのは聞いたことあるけど、こんなすごい御面相の青虫が育っちゃって、しかもタっパーの中で育ってチョウチョにまでなって旅立って行ったなんて。。。虫嫌いのDDが青虫そだてたってのもびっくり!
コンポストもなかなか魅力的だね。くさくならないならやってみようかなぁ。
遅ればせながらのコメントですが、いやいや、楽しい日記よませてもらいました。ありがとう。

by toyaman | 10 12, 2010 - URL [ edit ]

3羽ここから飛び立って行ったよ~。3匹目は、いい加減もういいか、と放っておこうと思ったのだが、せっかく元気に生えてきたカリーパッターの新芽を食われてしまったので、害虫駆除的な意味で拉致し、与えられる葉っぱだけを食べてタッパーの中で羽化してもらいました。

コンポスト、植物と土を愛するあなたにはおすすめですよ~。いい肥やしになるし、観察も面白い。ミミズやらナノ級にちっちゃい虫やらもうじゃうじゃ出てきて、小宇宙。やってみて~

by 【MotiDD】 | 11 13, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。