プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】スカイウォークで盗難に遭う(前編)

10月06日, 2008 | 未分類

11 Comments

旅行で数回インドを訪れたのち、ムンバイに住みはじめて2年。
これまでたいした災難に遭わずにきたが、ついに題名のとおりのことが起こった。

 

学校帰りの夜8時半頃、駅からスカイウォークを歩いて家に向かう途中で、
悪ガキ達が数人後ろから寄ってきて、
「ハロー」「チャイニーズ」「ハウアーユー」だのと言いながらまとわりついてきた。
子供が外人をからかってくることはよくあるので無視してどんどん歩いていたが、
そいつらはしつこくついてきて名前やら国やらを聞いてくる。
仕方がないので適当に相手をして握手などしたら、ぱーっと散っていった。
それから20歩ぐらい歩いたところで、いつもの習慣で財布が入っている

リュックのポケットにふと手をやってポケットの中身を確かめると、

ファスナーが開いていて財布がないことに気づいた。うわーっ、やられた……!!

 

財布を取られたのは、駅前バス通りから右に折れたこの区間だった
 

すぐにもと来た道を走り戻って悪ガキ達を探すがすでに姿はない。
財布には現金だけでなくクレジットカード、日本の口座からの引き出しに
使う銀行カード、免許証と、大事なものがたくさん入っている。
もう既にスラムの奥深くに逃げ込んだのだろうか。
そうなったらどうやって犯人を探せばいいのか。
絶望しかけたが、スカイウォークの曲がり角で下の路上を見るとその子達の姿が。
急いで階段を下りてその場に向かうと、男の子2人がイスラム教徒ルックの
お兄さんに捕まって問い詰められている様子。
「パース (財布)!!」と大声を上げて彼らのところに駆け寄る。
犯人の子供らは、財布から抜き取ったお札を持っているところを
すぐ見とがめられて、これはどうしたんだ、と詰問されているようだった。

 

持ち主が現れると、お兄さんは子供達からお札を取り上げ、返してくれた。

お札は数百ルピー分だった。財布に元々いくら入っていたのか定かではなく、

これで全額かどうか分からなかったが、それよりも何よりも心配なのはカード類である。
子供らはいくら詰問されても、「もう何も持ってない、別の奴らが持って
行っちゃった、もう勘弁してくれよ~」と嘘泣きを始め、埒があかない。

犯人はまだあどけない顔の子供達だが、やってくれたことは重大だ。
「ポリスに行くぞ、ポリス!」と宣言すると、集まった人々も「ああ、それがいい」
と同調し、ムスリムのお兄さんと一緒に子供達の首根っこをつかんで、
ちょうどすぐ近くにあった交番 (ポリス・チョウキー) に突き出した。
そんな騒ぎのさなか、MotiDD から携帯に着信が入った。
「大変なことになってるよ」と言うと、ちょうど家の外に出ていて、
そのままオートでこちらに来てくれることになった。
さっきまで家の中にいたはずなのだが、今夜は散歩がてら迎えに
出てきてくれていたのだという。
MotiDD が用事もないのに一人でふらりと外に出ることは珍しい。
これがあの「虫の知らせ」という現象なのだろうか。

 

小さな犯人達と、彼らを捕まえてくれたムスリムのお兄さんと一緒に
交番に入る。交番の中には3人のお巡りさん。
誰か先客が居たが、その用事が終わってから「どうした」と聞いてきた。
「こいつらに財布取られた! カードも! ゼイ・アー・インポータント!」とテンパリながら話し、
後はムスリムのお兄さんが状況を説明してくれる。
お巡りさん達は子供達に尋問を始めた。時々威圧的な大声で恫喝する。
うん、それぐらいしてくれないと。
どうやらまだ、財布やカードは他の子達が持って行った、

その子達と自分らは友達ではない、という主張を繰り返しているようだった。

 

押し問答のかたわら、そこら辺にいた若者達が次々と交番に引っ張られてくる。
共犯者を捜しているようだが、見覚えのない顔ばかり。
そうこうしている間に、カードが出てきた。
やっぱり捕まえた2人組のどちらかが隠し持っていたのだった。
クレジットカードも、銀行カードも、運転免許証も無事だ。
これでとりあえず大事にならなくて済んだ。安心する。
でもまだ財布が返ってきていない。
あれも結構使い込んだやつで、気に入っていたのだが……
そのうち MotiDD も交番に到着した。

 

それにしても、この日は色々と良くないことが起こり、悪い予感がしていた。
春ちゃんが布団の上で吐いたことから始まり、郵便局からの電話に気づかなくて
日本からの大事な荷物を受け取れなかったり (翌朝、20キロの荷物を

郵便局から4階の自宅まで運ぶ羽目に)、台所で瓶が割れたり。
学校帰りには、電車があまりに混んでいてバンドラ駅で降りられず、
その先のアンデリ駅まで行って戻らなければならなかった (ムンバイ生活で初めて)。
極めつけが泥棒騒ぎ。悪いことは重なる。まったくなんて日だ。
(つづく)

スポンサーサイト

« 【MotiDD】スカイウォークで(Satyanamak)盗難にあう(後編) 【MotiDD】昨日の新聞より »

- Comments
11 Comments

とんでもない目に合いましたね。
それでもカード類が戻ってきただけでも不幸中の幸い、まして強盗じゃなくて良かったです。
どうしても学校帰りは暗くなってしまいますから、これからもどうぞお気をつけて。
悪い事の後には、きっと良い事もやってきますから。

by みみ | 10 05, 2008 - URL [ edit ]

うわー、やられたね。海外生活、特に私なんかは言葉に自信がない状態で一番怖いのはこういう被害だよね。もちろん日本でも困るけどさ・・・
でも本当に全部戻ってきてよかった。カードの悪用は怖いよ。

その後はどうなったんだろう???

by ZAKI | 10 06, 2008 - URL [ edit ]

ううう、大変でしたね。
よくぞ、とっつかまえました!私なら頭が真っ白になりそう。
カード類が戻ってきて本当に良かったですね。

嫌なことや苦しいことが続くと、その後で思いもかけず嬉しいことが次々とやってくるはず。
私自身、最近そんな感じです。きっと人生の波が大きい時期なんですよ。
こんな酷い目に遭われたんだから、今頃は、もう satyanamak さんのところに良い波がやってきてるかな。

by mana | 10 06, 2008 - URL [ edit ]

みみ様>> 本当に、大事に至らなかったのは幸いでした。いつもよりちょっと遅い時間だったのですが、夜のスカイウォークは結構人通りが少なくなって危ないことが分かりました。それでなくても日本人、珍しくて目立つし。気をつけます。

ZAKI>> やられました。言葉もさることながら、迷路のようなスラムに逃げ込まれたらもうどうしようもない、と呆然となったよ。犯人がすぐ見つかったから良かったけど。盗んだお金を見せて歩くような素人の子供で助かりました。ほんとに不幸中の幸い。その後はさらに驚愕の展開……は別にないです。

by SatyanamakMotiDD | 10 06, 2008 - URL [ edit ]

mana 様>> そりゃ頭は真っ白になりましたよ! とっつかまえたのは私ではなく、ムスリム帽をかぶった見ず知らずのお兄さんでした。有り難かった。幸運にもこれまでそんなに悪いことは起こらず、今回も最悪の事態は免れました。でも、たしかに、いろいろと波が来ますね~。こちらも最大級のやつがこれから控えてますからね。それが良い波なんでしょうきっと。

by SatyanamakMotiDD | 10 06, 2008 - URL [ edit ]

ありゃりゃ、災難でしたね。
命に別状はなく・・って大げさかもしれないけど、怪我に繋がらなくてよかった。
お金はまた巡ってきますけどそうはいかないものもありますから。
お財布君との別れはつらいでしょうけど身代わりになってくれたんじゃないですか?
生かされてこその人生なんですから、おいしいもの食べてあそびましょう!
そうそう、Satoyanamakさんはマタニティーブルーは回避した?
男でもなるっていうから気をつけてね。

by toshio | 10 06, 2008 - URL [ edit ]

そうですね。強盗は洒落になりません。財布だけで済んで何より。しっかり教訓は得られたので良しとしましょう。
しかし男マタニティーブルーの心配されたのは初めてだな。男づわりもあるみたいだけど。うちはそこまでものすごく一心同体ではないです。MotiDD も体はつらいのにおおむね機嫌良くしています。

by SatyanamakMotiDD | 10 07, 2008 - URL [ edit ]

災難でしたね。でもすぐ気が付いて、さらに発見できて良かった!ムスリムのお兄さんにも感謝ですね。こういうとき、現金のロスよりも、カード類、免許証類のロスのほうが心配ですよね。 我家、以前ロハーチャールで照明器具購入のため6000ルピー入れておいた財布を落としました。結局発見できず、クマちゃんのドイツの免許証も消えたのでした。。 でも、強盗じゃなくて本当に良かったです。

by Chuma | 10 07, 2008 - URL [ edit ]

落とした財布がちゃんと見つかるなんて日本ぐらいですよね。大変だったでしょうね、痛いほど分かります。うちも、もしカードが全部なくなっていたら、カード会社に停止の手続きをするとして、どうやって日本から新しいカードを手に入れればいいのか、免許証の再取得はどうすれば、などなどいろんな問題を抱えてヘトヘトになるところでした。あのムスリムのお兄さんが捕まえてくれなかったら……と考えるとぞっとします。ほんとに色々な人たちに助けられています。

by SatyanamakMotiDD | 10 08, 2008 - URL [ edit ]

大変な目に遭ったね。海外でそんな目に遭ったらパニクッちゃうね~。
この話をきいて、浜松町駅で母親がスリにやられた時のことを思い出した。その時は財布は取り戻したけどスリには逃げられた。その時ちょっとだけ取っ組み合いをしたのでその日は一日中アドレナリンが出まくりだったなー、、、
これからも気をつけてね~。まあ用心にコシタことは無いだろうから。

by Nu-world | 10 08, 2008 - URL [ edit ]

へえ、そんなことがあったんだ。それもすごい、よく取り返せたね。アドレナリンが出まくるとどうなるのかが興味深い。
日本でも気をつけないといけないのは当たり前だけど、インドの反動で安心してしまいそう……。それにしても、財布の中身を取り戻せたのはよっぽど運がよかったな、と日増しに強く思うこの頃。お互い用心しましょう。

by SatyanamakMotiDD | 10 10, 2008 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。