プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】試験勉強中です

12月14日, 2007 | 未分類

5 Comments

家だとあちこち気が散って勉強が手に付かないので、
街の喫茶店に出かけて少しの間 集中して勉強することにしている。
先日も、夜遅くにEnfieldさんを走らせ、近所のコーヒーチェーン店に行き、
屋外の席を陣取って勉強していると、

 

ガラス窓を隔てて隣り合わせた店内の男性が、ふと目があった拍子に
私がせっせと書いているノートを指さし、親指を立てて
“Nice!”というジェスチャーをしてくれた。
店を出て行くときにも、わざわざ私たちの席に立ち寄り、
「字がきれいですね」とひとこと言い残してくれた。

 

今日もまた、別の喫茶店でせっせと一人で勉強していた。
夕暮れ時、予想に反してずいぶん空いていた店内は徐々に混んできた。
隣には、初めはまだ若いカップルが座っており、
あんたたちこんな公然と店内でいちゃついてていいんですか……
というシーンを生み出していたが、やがて彼らも去り、
今度は男性二人組が座った。

 

入り口を背にして壁に顔を向け、外界を180°遮断して勉強していたので、
私はまったく気づかなかったのだが、その隣の人がやはり見ていたらしい。
連れの人が席を立った隙に、ビジネスマン風の隣の人が
「きれいな字ですね、どこの方ですか」と話しかけてきてくれた。

 

私は字を誉めてもらうと、だいたい
「ヒンディー語を教えてくれていた先生の字がとてもきれいだったので、
私もその先生の字を真似て書こうとしていたらこうなりました」と答える。
それは謙遜でもなんでもなく、本当のことだ。

 

 

 

アジア・アフリカ語学院のインド語科で教鞭を執られている
マハーラーシュトラ州出身のナレーシ・マントリー先生は、
活字のように美しく見やすい、それでいて味のあるきれいな字を書く先生で、
黒板につらつらと文字を書かれるときには、
そこにはなにか勉強の内容以上に大事な真理がこめられているように見えたものである。

 

こうして見知らぬ人からわざわざ字のことで声をかけていただくようになったのも、
その先生の達筆のおかげなのである。
字というのは書くことをやめた途端にすぐに劣化してしまうので、
書き続けることを心がけなくてはならない。
先生からせっかく譲り受けさせていただいた字なので、
先生の出身地まではるばるやってきたこの機会に、もう少し、磨いて帰れたらと思う。

 

もう一つ気づくことがある。
インドの人はひどく“Hand Writing コンシャス”である、ということだ。
ガイジンだから珍しい、というのを差しおいても、
わざわざ「字がきれいですね」と、こんな短期間に2度も言ってもらえるとは、
よほど人々は“手書きの字”というものに重きを置いているのだろう、と思う。
学校の試験などで、字がきれいだとその分点数がもらえる、という話も聞いた。
回答内容にかかわらず字の良し悪しで点をくれるとは、
日本ではあまりお目にかからない点数制度だ。

 

もうすぐ初めての筆記試験。
答えられる問題に限りがあるのに対し、試験時間はたっぷりある予感がする。
こうなったら、Hand Writingでのエクストラ点数に期待して

字を丁寧に書くことに集中し、あとは神頼みにするしかないか?

 

……恩師に関して書いたにしてはひどく罰当たりな終わり方になってしまった。
いかんいかん
Hand Writing分以外は見事0点で、哀れ落第……なんてことにならないよう、
残りの日々を頑張ります!

スポンサーサイト

« 【Satyanamak】タブラ試験 【MotiDD】足が日本を懐かしむ »

- Comments
5 Comments

MotiDDさんの文字は本当にきれいですよね。
その先生に習っていながら、不肖の生徒である私はさっぱりうまくならないし、それ以前になかなか覚えられなくて申し訳ない。
それでも、日々リキシャに乗る度にはヒンディーを使い、友人のドライバーにまでついヒンディーを使ってしまう私です。<馬鹿の一つ覚え?
とりあえず、こんな出来の悪い生徒のことは置いておいて、試験がんばってください。
よい結果が出た暁には、ぜひお祝いといきましょう。

by みみ | 12 14, 2007 - URL [ edit ]

いやいや、なんだか手前ミソな話でちょっと恐縮でした。あー、こうして自分の過去の経験と結果を照らして考えてみると、私もお二人の前で何か書くとき、あんな殴り書きじゃなくてきちんと折り目正しく丁寧に書いた方がいいんですね~。字はともかく、ドライバーさんとの会話(というより指示か)がヒンディーでできているとのこと、うれしいです! 筆記試験が終わったら復活するので、リクシャー用語以外も少し復習しといてくださいね~。

by 【MotiDD】 | 12 15, 2007 - URL [ edit ]

MotiDD、神様のお使いになる文字を美しく書けるなんて、カッコイイですぞ。ワルダの某アシュラムに在住の某女もヒンディ語の美しい手だれで手紙を書いてござりました。我々も練習すれば数字くらい書けるようになるんだ、と頭から変革していくことが肝腎か。みみ殿もご精進あそばせ。
MotiDDの試験日程はいかに?うまくいきますように、ガネーシャさま、サラスワティさま、ラクシミさま(ああ、これはお金儲け)!

by も鹿 | 12 16, 2007 - URL [ edit ]

君のとこには素敵な時間が流れているね。
私も素敵な時間を過ごしているよ~♪
君のブログ読むと、いろいろ大事なこと、思い出すよ。
試験、君の素敵な文字で、素敵な結果が返ってくるように♪

by とやまん | 12 17, 2007 - URL [ edit ]

も鹿さま >>> 多方面へのご祈願、ありがとうございます。明日、18日(火)が筆記、1月8日にまた追って今度はPractical の試験があります。最もTension のもととなっているのが、このインドで他言語で受ける初めての筆記試験でした(もはや過去形)。ワルダーといえば、ヒンディー語のもう一人の重要なグルジーもそちらで勉強された方でした(たしかそうだったと思った……)。水道がなくて井戸に汲みに行くのが大変とか、夏は暑くて人が死ぬとか、いろんな怖い話を聞かされたもの。懐かしいです。

とやまん >>> とやまんもご祈願ありがとう。わしのとこは、素敵な時間っていうより、切羽つまった時間が流れているよ……。ガイジンに優しいインドの人のおかげで、それが一瞬だけ素敵な時間になったりする、というカラクリなのです。ありがたや。

by 【MotiDD】 | 12 18, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。