プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】ムンバイで初ハッピー・ディーワーリー!

11月10日, 2007 | 未分類

6 Comments

インドで新年に当たるディーワーリーが今年もやってきた。
去年のディーワーリーはデリーで過ごしたので、ムンバイでは今年が初めて。
家々の軒先には色とりどりのランタン(カンディル)が飾られ、ロウソクが灯される。
デリーで体験したディーワーリーはとにかく花火爆竹大会だったが、
こちらではどことなく中華風のカンディルが主役でとても風情がある。

黒澤映画を観た映画館があるダーダルの商店街では、

いろいろな色・形のカンディルが露店にズラリと並んで心浮き立つ眺めだった。
もちろん爆竹も容赦なく破裂し、猫たちには受難の季節である。

ディーワーリーには、各家庭に富と幸運の女神ラクシュミーがやってくるという。
神様が家の中に入ってきて今年が幸せな一年になるように、
家を綺麗に掃除し、ランタンやロウソクなどの灯りで目一杯明るくして女神を迎え入れる。
玄関の前には色とりどりの粉で作ったランゴーリーという砂絵が描かれる。
うちのフラットの各部屋の玄関前でも、ヒンドゥーの各家庭がロウソクや
電飾やランゴーリーで思い思いにディーワーリーの飾りを施している。
MotiDDはディーワーリー前日に玄関の前で初めてのランゴーリー作りに挑戦。
(奥のはお隣のお手伝いさんが作ったもの)

 

 
しかし、翌朝にはせっかく描いたランゴーリーがどういうわけか跡形もなく消され、
お隣のお手伝いさんがせっせと新しいものを作っていた。
毎朝描き直さなければいけないのだろうか。MotiDDガッカリ。
当日の晩、めげずに今度は花でランゴーリー製作。
 

 
普段はテレビの上でお香も焚かずほったらかし状態のラクシュミー様にお花を捧げて
プージャー (お祈り) の真似事もやってみた。
 

 

うちは掃除もしなかったのでラクシュミー様が来てくれたかどうか大いに疑問だが、
今年もよい一年になりますように。

スポンサーサイト

« 【MotiDD】意外な副業 【MotiDD】クロサワを観た。ありがとう、と言われた。 »

- Comments
6 Comments

Satyanamakさん、MotiDDさん、ハッピー・ディーワーリー!
自分でランゴーリーに挑戦するなんて、さすがです。
私はホテル内のを写真に撮るだけでした。
今年もまたこのブログを楽しみに見に来させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。(きっとそのほかにもお世話になります。そちらもよろしく。)

by みみ | 11 10, 2007 - URL [ edit ]

ランゴリとかプジャとか、なかなか「らしい」ディワリを迎えられたよう。新しい着物も身に着けられたんでしょうか。も鹿の片割れのハヌマンジは、いそいそとディアに火を点し、香を捧げておりました。まぁ、それだけなんだけれど。
ヒンディ暦新年もお二人にとってご活躍の年でありますように。艱難汝を珠にする、新年は試験という試練で始まるようですが、がんばって~~、くだされ。

by も鹿 | 11 10, 2007 - URL [ edit ]

そのくらげランタン、ぜひおみやげにひとつほしひなぁ~~~(りくえすと)
ラクシュミー女神様は、やっぱ綺麗に砂絵した家から優先的に来てくれるのかなぁ。
DDジの力作なら、けっこう早々来てくれそうだね。
・・・家の中は入ってみないと分からないから、きっと大丈夫だよ(笑)。さすがに、入ったからには素通りはしないだしょ(笑)

なにやら下半身の関節がずいぶん柔らかいお花のランゴーリの向こうの人物は、satyanamak先生の奥方ですか???(別人?)

ネコは、爆竹の悪夢に、何年だか先に帰国しても、ときおり寝ながらびくっっとかしそうだね(笑)

ともあれともあれ、よい一年の終わりと、新しいよい一年に、なうわるしゅ、むばーらく ほー♪ほっほっほ。

by toyamann | 11 11, 2007 - URL [ edit ]

みみ様>> ハッピー・ディーワーリー! ホテルのランゴーリー、さぞかしゴージャスだったでしょうね。いつも見に来てくださってありがとうございます。こちらこそほんとうに色々とお世話になってばっかりですが、今年もどうぞよろしく。

も鹿様>> はい、がんばります。いやはや、試験まで一ヶ月を切ってしまいました。もう若者とは言えない年齢になってしまい暗記ものは厳しいのですが、ダティタダティタダダティタダゲティナキナ……と頑張って覚えているところです。着物は残念ながら着古しでした。ハヌマンジーにも新年のご挨拶、どうぞよろしくお伝えください。

とやまん>> ディーワーリーが終わってしまうとカンディル売ってる店もなくなってしまうかも。見てみるけど、もし買えなかったら来シーズンにね。ちょうどその頃にこちらに来てもらえれば最高ですな。夜になると大変綺麗だし巨大クラゲも登場して面白いよ。写真に写ってるのは両方ともあのDDですよ。今年も良い年になりますように、ってそっちにはまだ早いね。

by 【Satyanamak】 | 11 12, 2007 - URL [ edit ]

ご無沙汰しています!遅ればせながらハッピー・ディーワーリー!!
お祭りのように新年を迎えるんだね。ランゴーリー、砂のも花のも素敵です。消えちゃうのが勿体ない。ラクシュミーさまも喜ばれたことでしょう!
日本だと「おせち」食べる習慣があるけれど (我が家では数年前から廃止してますが)、インドでも新年ならではの料理があるのかしら?
これからの 1 年もお二人にとって素晴らしいものとなりますように!!!

by f.c.mana | 11 21, 2007 - URL [ edit ]

ハッピー・ディーワーリー! 日本からありがとうございます。
そちらは年の瀬感がだんだん漂ってくる頃でしょうね。
こちらの新年は完全にお祭り騒ぎです。しばらく爆竹がやかましかったですが、
日本の正月の昼間から眠気を催すような怠惰感がどうも苦手だったので、
ガンガンに盛り上がる新年の方がまだ好きです。
おせち料理はうちもあんまり好きではなくて、正月は餅があればいいや、という感じです。
お餅にイクラを載せて食べるとまた……おっと、また危険な方向に……
こちらにおせち料理っぽいものはなさそうですが、ディーワーリーにはみんな菓子折を持って親戚知人の家を回る習慣があります。
我々も同じフラットのお隣さんや大家さんなどに甘いインドのお菓子をいただきました。

by 【Satyanamak】 | 11 22, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。