プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】5年は歌えない、と言い張る理由。

10月27日, 2007 | インド古典音楽を習っています

8 Comments

北インド古典声楽を習っています。
 
インド古典音楽、というと、広く言って2種類あります。
南と北。
私が習っているのは北のほう。
ヒンドゥスターニー・クラシカル、とか、シャーストリーヤ・サンギート、とか
いろいろな呼ばれ方をしていますが、名前はどうあれ、これが難しい。
 
様々な法則を守りながら、その場その場、自分の感性で音楽を展開・創造していく、
本来はとてもクリエイティブなものです。
が、私はまだ始めて1年のひよっこ。
授業は、ひたすら先生の歌のあとについて歌い、それを憶え、
ラーガを感じながらできるだけ上手く歌う努力をすることだけ、であります。

歌はずっと好きでしたが、歌の練習を毎日ちゃんとしたことなんてなかったから、
1年経ったいま、なんとなく歌はうまくなったかもしれない、という手応えは感じます。
最初はちんぷんかんぷんでさっぱり意味不明だった音楽の構成も、いくらかのみこめてきたし、
用語も、前ほど宇宙語ではない。
練習は楽しいし、歌うのは相変わらず好きです。

 

しかし。どうしてもうまくならないものがあります。
それがターン(???)です。
20分30分におよぶ長い一曲のなか、後半部分で歌われるターン。

頼りになるインド古典音楽解説本『インド音楽序説』(B..C.デーヴァ著)は、

ターンについてこう説明しています。

 

ヒンドゥスターニー音楽においては、速い節回しはターンと呼ばれている。
パターンは複雑で、中庸や速いテンポで次つぎと音を繰り出し、パターンを紡いでいく。
こうした速い動きにはさまざまな形が数多くある。
たとえば、ストレートに上がり下がりするターンはサラルまたはサパート・ターンと呼ばれ、
ジグザグに動くものはヴァクラまたはクータ・ターンと呼ばれる。

 

学校で習ったターンの一例を、あえて文字表記に挑戦してみると、

 

サレガパマガマレ・ガパダパマガマレ・ガパダニダパマガマレ・ガパダニサニダパマガマレ・ガパダニサレガレサニダパマガマレサ、サレガ・レガパ・ガパダ・パダニ・ダニ・サニダパマガマレサ

(どれみそふぁみふぁれ・みそらそふぁみふぁれ・みそらしらそふぁみふぁれ・みそらしどしらそふぁみふぁれ・みそらしどれみれどしらそふぁみふぁれど、どれみ・れみそ・みそら・そらし・らし・どしらそふぁみふぁれど)

 

……となります。早口で言うだけでもちょっと厳しいですね。

これを、文字通り歌うのはまだよいのですが、

上記の音を“あ”で歌う、アーカール(????)というものがあり、

そちらで歌えるようになれと先生がいつもおっしゃいます。

このターンが現在のところ、私に「5年は人前で歌えない」と言わせる、最大の難所です。


……と、文字で読んでも、なんとも想像しがたいので、音を載せておきます。
一瞬ですが、プロのシンガーさんのアーカールでのターンです。

[本文の一番上、右にあるフロッピーのマークをクリックすると音をダウンロードできます]

 

プロのシンガーさんですから、ソツがないです。

これを素人がやろうとすると、まったくできません。

音が取れません。上に記したターンをまた果敢に文字化に挑戦すると、

 

アアアアアアアア・アアアアアアアア・アアアアアアアアアア・アアアアアアアアアアアア……

 

というわけですが、音が、決まった場所にはまらないし、届くべき高さに届かない。

あれよあれよとどんどん崩れます。

崩れてしまうと、この人はいったい何をしたいのか、何が言いたいのか、

さっぱり理解に苦しむ音の連なりになってしまいます。

 

 

 

 

窓を開け放ってターンの練習をしていると気になるのが、

「この家にはキチガイが住んでやがるな……」と近隣の人々から思われることです。

もうそれは仕方ないので諦めるとして、もうひとつ、

練習するたびに思い出してしまうのが、この映画のシーン。

 

昨年春公開された『Malamaal Weekly』というコメディー映画のなかに、

写真別枠になっているラージパール・ヤーダヴ扮する村のろくでなし御曹司が、

あごが外れて口がきけなくなるシーンがあります。

彼は大金をめぐる村人たちの企てを阻むため、欲深い母親に告げ口しようとするのですが、

あごがはずれているから何も言えない。でも言いたいからなんとか言おうとする……

 

歌えないターンでもがいていると、

そのラージパール・ヤーダヴにでもなったような気がしてしまうのです。

 

ばらけて崩れる音が、いつかスパッと、はまるべきところにすべて収まる日が来るのでしょうか。

キチガイにも、あごが外れたラージパール・ヤーダヴにも見えないようになる日が。

歌おうとすればするほど崩れるターンなので、そんな日が来る見通しすら立ちません。

それでも努力を続ければ、いつかは少しマシになるだろう、

そう思わないとやってもいられませんから、5年経ったらうまくなる、と仮定しました。

我ながら長いな~と思いますが、実は5年経ったってうまくなる気は今もしていないのです。

 

ラージパール・ヤーダヴの名演技を思い出しつつ、

ラーギニー先生を相手に、今日も歌います。

 

スポンサーサイト

« 【MotiDD】クロサワを観た。ありがとう、と言われた。 【MotiDD】タンプーラ »

- Comments
8 Comments

はぁ、インド古典音楽を手習うとは、かくも奥深いものなんですねぇ。MotiDDの解説があるんで、その音の複雑さを頭がついていかない、というその一大事で理解することができます。サントールをやっている○○さんからは、以前そんなことを聞いたこともないので(何せ、○○さんは言葉自体をなかなか発しないし)、MotiDDの音を文字にしたような伝え方がよいです。素人に言っても始まらないと思い決めないで、どうぞその使徒たる生活もお伝えくださいませ。
とりあえず、試験、がんばってください。なにやら試験の難しさが感じられてきました。

by も鹿 | 10 27, 2007 - URL [ edit ]

MotiDDさんに日本の歌を教えてもらう時、いつも思う事ですが
素晴らしい歌声と音感ですよね。
少し聞いた事のある歌ってだけで、すぐに綺麗なメロディーで歌ってもらえますから
すごく勉強になります。そんな先生でも色々な苦労と、努力されるのですね。
私もギター練習を楽しく頑張ろうと思っています。
いつか、ギターに合わせて歌ってもらえるぐらい、上手になりたいです。がんばろ

by マチュリ | 10 27, 2007 - URL [ edit ]

ああ、今日は出遅れた。たまにはいいか。<実は魚類に抜かれて悔しい。
motiDDさん、なかなか難しそうですね。とりあえず試験がんばってください。
その難しさも理解できない私ですが、応援だけはしています。

by みみ | 10 27, 2007 - URL [ edit ]

・・・また笑わせてくれるね、腹がよじれ申した。
キチガイの住まうお宅・・・・・・ぬきうちで訪問したくなってきちゃったよ。
(見てたら絶対にやってくれなさそうだもんね。。。)

さて、読んでて思った小さなハテナですが、聴かしてもらった部分のターンや、果敢に文字化(笑)してくれたものは、細かくジグザグしつつ上がったり下がったりしてるから、サバート・ターンとクーパ・ターンなるもの両方含む?と理解すればいいのかしら????

なかなかすこんと理解するには、複雑すぎるもののようだね。
頭の中をハテナマークがターンしていくよ・・・・
????????・???????~♪

by とやまん | 10 28, 2007 - URL [ edit ]

ムンバイ市内は北から南まで、日本は西多摩からも、各地より個性豊かなコメントをありがとうございます。

も鹿さま >>> 頭がついていかない、という一文を読み思い至ったのですが、「喉がついていかない」という表現がぴったりでした。出したい音が頭ではわかっているのに、そのテンポに喉の運動がついていかない。音の高低を変えるべきタイミングに、喉の運動が間に合わない。そこで崩れる。音程も、慌てて変えるものだから、うまく狙った音を出せない。だからこれは多分に筋肉とか、身体的能力の問題かもしれないです。だから鍛えたら鍛えるだけ伸びるかも。と信じて、笑いをこらえてがんばることにします。

マチュリくん >>> いやいや、そんな、ギターに合わせてわし程度の人を歌わせるようじゃ夢が小さすぎます(だっていつも普通に歌ってるじゃん、Automaticとか)。お宅の近くに住んでるラター・マンゲーシュカル(インドの人間国宝的歌手)の伴奏をするぐらいの大志を抱こう。もうおばあちゃんでいつ死んじゃうかわかんないから、上達を急げ!! がんばろう。おー。

by 【MotiDD】 | 10 28, 2007 - URL [ edit ]

みみさま >>> 応援ありがとうございます! 昨年の試験に合格したときは、お祝いにお鮨を食べに行ったレストランで偶然お会いしましたね~。今年も自分にごほうびをめざし、ニンジンぶらさげ頑張ります。

とやまん >>> 人の災難を笑うとは人が悪いね! ぬきうちで訪問してよ~。待ってるよーー。さて、今日はとやまんの突っ込みが厳しい。聴いてもらったのはカウシキー・チャクロボルティーさんという歌手なのですが、このカウシキーさんのターンは、速すぎでわしには分析不能でした(サレガマに起こせない)。細かくジグザグに上り下りしながら全体としても大きくのぼってくだってるようにも聴こえるし、あるいはストレートにのぼりくだりを声を震わせながらしているようにも聴こえる……冷静になって分析しようと思っても、ついていけなさに頭があわてふためいてしまい、無理だった。文字化したやつは、ストレートではないけど、さほど複雑にジグザグしてもいないよねー……ごめん、わかんないです(学校ではただ“ターン”とだけ言っており、こういう名前は出てこないのだ)。なにしろ、こういう複雑怪奇なテクニックをその歴史に含んできたから、この国では、そんじょそこらのヒトの歌のコブシにウロコを落としたりするんだろうな~と思います。歴史にはちょっと出遅れたけど、わしも後ろをついてってみようっと。

by 【MotiDD】 | 10 28, 2007 - URL [ edit ]

こんにちは。やっと音を聴けたので (私の PC にはスピーカーが付いていないのです) コメントさせていただきまーす。
いやいや、音声ファイルよりもまず MotiDD さんの説明を読んでターンの文字数の多さと音階の動きの激しさに圧倒されました。どんな声帯になってるんだろ?
音声ファイルを聴いて「こういうことか!」と驚愕しましたが、きっと MotiDD さんのお話を読まなかったら、単に「凄いなー」だけで終わっていたと思います。またひとつインドに触れさせていただきました。
実際にこの技にチャレンジしている MotiDD さん、私も見てみたい。私の中では、MotiDD さんって頭の回転が速くて非常に個性豊かな一方で、とてもおっとりなイメージがあるので、大きな口を開けてあああああ~♪って想像が尽きませんよ。

by f.c.mana | 11 01, 2007 - URL [ edit ]

f.c.mana さま >>> 読んで+聴いて+書いてくださってどうもありがとう!はい、大きな口を開けて大きな声を出す、という生活をしてこなかったので、そこらへんには手を焼いております。また頭の回転のほうも乳牛とか羊蹄類並みなので、先生との意思疎通に苦労したりします。そのうえ私、コンサートで大御所歌手のターンを聴いても「たしかに凄いけど、でもなんでこんなことするんじゃろーー。しなくてもいいのにー」とか思っちゃったりして、実はぜんぜん真髄が理解できていません。そんな状態でいったい、できるようになるのか!? そんなわけで歌はまだまだですが、お二人が飛行機に乗っていらっしゃるまでに、ローティー(チャパティー)の焼き方でも上達しておきます。いらしてくださいね~!

by 【MotiDD】 | 11 02, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。