プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】エンフィールド故障顛末

04月21日, 2011 | エンフィールド故障顛末

2 Comments
購入後四年を経た我らがロイヤル・エンフィールド、マチズモさん。
小さな故障をよくしてきたが、今回もやはり小さな故障を起こし、
その故障から修理に至るまでの顛末が、よくインドを象徴しているような気がするので、
“エンフィールド故障顛末”なんてカテゴリまで思わず作ってしまった。

暑い昼日中に、いつものように三人乗りで買い物に出かけた。
エンジンをかけた時点で様子がおかしかった。
すぐにエンストするのを騙し騙し発車して走っていたが、
パリ・ヒルを降りたあたりでとうとうエンジンがかからなくなった。

日陰に移動してバイクを停め、鍵をかける。
オートを拾い、
「バイクが故障しちゃったんだけど、修理屋さん知らない?」
と聞いてみる。
あいにくの日曜日、ダメもとで行ってみた行きつけの工房はやはり閉まっており、
こうなると運ちゃんと神様だけが頼りだった。

運ちゃんはどこに向かっているのか、当てがあるのかないのか、
少し走ったところで、工事中で車両乗り入れ禁止になっている場所に突き当たった。
「あのへんにいるはずだから聞いてみろ」と運ちゃんに言われるまま、
Satyanamak とゴン太さんをオートに残し、歩き出してみた。
運ちゃんの指したあたりには、バラックのような掘っ立て小屋が並び、
軒先によく陽に灼けシワシワになったおばさんとオバーさんが
ぶらぶらしていたので、聞いてみた。

「どっかそこいらにいるよ」的な返事。
そこいらってどこかいな~とさらに数軒先へ進んでみる。
大通り(といってもWaterfield Roadだが)にぶつかった。
角のタバコ屋さんの前で、ガラの悪そうな兄ちゃんやおっちゃんが
原付に腰かけながらたむろしていたので、
バイクの修理屋さん知りません?と聞いてみた。
向こうも珍しい人種に声をかけられたので、ちょっと緊張して
背筋なんか正しちゃったりしている。

「あれだよ」と指さされたのは、タバコ屋のお兄さん。
眼鏡をかけてきちんとした身なりをした真面目そうな人だが、
普通にパーンを作ったりタバコを売ったりしてる人に見える。
行って聞いてみると「ふむふむ。バイクはどこに停めてあるんだね?」
「走ってる途中に止まったのかね?」「音がしたかね?」などと質問してきて、
いかにも修理屋さんであるようだった。
店の外にいた下働きの兄ちゃんに指示を出しているので、
自走不可能なバイクのところまでこのお兄ちゃんが行って直してくれるのだな、と判る。
袋にも何も入れてない工具をガチャガチャと手にしたお兄ちゃんと共に、
リキシャーでバイクを停めてあるところまで戻った。

オートを降りると、なんだか見たことある顔の人が待っている。
誰だっけ、この顔。
あっ! さっきのタバコ屋のお兄さんではありませんか!!
どうやらバイクで先回りして着いたものらしい。
なんと不思議な。それで停めた場所を聞いてたのか。うぅむ。

メカのことは私にはサッパリわからないが、下働きの兄ちゃんとともに
エンジンまわりを開けていじって、5分もしないうちに始動した。
スパークプラグに煤がついて火が付きにくくなった、ということらしい。
よくわからないが、また動いてよかった!!
100ルピー払って、ありがとう~とお別れする。
バイク二人乗りで、笑顔でまたタバコ屋へと去っていった。
格好いいなぁ~。

さて、Satyanamak によると、どうやら今回の故障は“故障”というよりは
単なるガス欠が原因らしかった。
ガス欠だったのにそれに気づかず、何度もエンジンをかけようとしたため、
煤がついてしまったのだろう、とのこと。
動きがおかしかった時点でタンクを開けてガソリンの残量を見てはいたのだが、
給油したばかりで空になるはずがなかったため、“ある”という思いこみがあり、
きちんとチェックできなかったものらしい。
気づかなかったが、ガソリンが、おそらく盗まれていたのだ。
最近オイル漏れが激しく、修理に出した時にバイクは修理屋に一泊していた。
その時にやられたのだろう、給油タンクの鍵穴を覆う蓋がなくなっていた
(それでピンと来てもよかったのだが我々は気づかない)。
バイク屋さんも預かってる単車をしまうスペースなんて持ってないから、
どうしても野外に置くことになる。
バイク修理は極力泊まりがけを避けた方がいい、という教訓を得た。

以前、タクシーの運ちゃんで、裏の職業は占い師、という実に怪しい人に会ったが、
やっぱりインドでは、他業種兼業は珍しいことではないんだな。
こうしてタバコ屋お兄さんの二面相に助けられた我々は、
カンカン日の照るなか、無事に目的地へと走り出したのだった。

traffic.jpg
スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。