プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】三歩あるいて二歩さがる、ジャンプ!!!

11月25日, 2010 | 今日のチントゥー

8 Comments
一時帰国の旅に出てからずっと休んでいたので、ディーワーリー休みと合わせると、
ゴン太さんのプレイグループは1ヵ月以上のブランクとなってしまった。
22日(月)から再開したプレイグループ、あるいはまた初心に返って泣き出すか……
と危ぶんでいたが、ゴン太さん泣かずに普通に着いて普通に帰ってきた。

ところが翌火曜日の朝になると、「今日学校行く?」の質問に「イカナイ」。
いつまで聞いてもイカナイ、の一点張りでラチがあかないので、
本人の意向など聞かずに連れて行ったら、着いたとたん泣いてしまった。
先生によれば「昨日は日本語でいろいろ喋ってたけど誰もわからなくて」とのこと。
言葉が通じなくてイヤになっちゃったのかなー、と心配しながら迎えに行くと先生に
「泣きながらヒンディー語でघर ले चलो(Ghar le chalo=家に連れてってー)
って言ってたわよ」と言われる。
先生、それは先生にそう聞こえただけで、ゴンちゃんはそんなには喋れません。と、思う。

今日水曜日、出る前から「イキタクナイ」「イカナイ!」と泣いているのを
無理矢理連れて行くような形になってしまった。
「母ちゃんがしばらく一緒に座っててあげるから」と言って家を出たのだが、
先生からその許可は下りず、代わりに、ゴン太さんから見えない教室の外でしばらく待ち、
もし30分ぐらい様子を見て泣きやまなかったら早めに連れて帰る、
ということになった。

ゴン太さんは一番奥の部屋に連れて行かれ、様子がまったくわからない。
その手前にある隣の部屋では、男の子が一人しきりに泣いているのを、
मौसी(Mausi=お手伝いのおばさん)がなんとか気を逸らせよう泣きやまそうと一人で頑張っている。
一瞬とぎれることはあっても、今日でプレイグループ三日目であるモハンマドくんの
泣き声が途絶えることはなく、なんだか聞いていて心が痛くなってきた。
मौसी にモハンマドくんとの格闘を一時中断してもらい、中の様子を聞くと、
ゴン太さんは泣きやんでいるとのこと。ホッとして家に帰る。
モハンマドくんもがんばれー。मौसीもがんばれー。

小一時間してから迎えに行くと、また先生が
「冷房つけてて寒かったみたいで、
पंखा बंद करो(Pankhaa band karo=天井ファンを止めて)って言ってたわよ」。
うーん……ゴンちゃんは本当にそんなにヒンディー語が喋れるのだろうか。
そんなに喋れるならどうして学校があんな泣くほどイヤになってしまったのだろう。

休暇の前は毎日毎日楽しく通っていたプレイグループだから、
またしばらく経ったら慣れて愉しんでくれるようになる、とは思いつつ、
言葉の壁は気になるところ。
ただ、先生たちに何度か言ってもらったように、
他言語の家庭から来る子どもたちはゴン太さん以外にもたくさんいる。
多言語国家インドの大都会・ムンバイ。他言語地域からの家庭で、
英語やヒンディー語を聞く機会が少ない子どもたちもいるはずだ。
そういう子どもたちだってみんな適応していくのだから、
ゴンちゃんだってきっと大丈夫なはずなのだ。

トラウマになってたすべり台がまたすべれたように、学校もまた、
ニコニコ歩いて行けるようになりますように。

明日の朝はどんなでしょうか。フタをあけてみるまではわかりません。
三歩あるいて二歩さがってジャンプ!
三歩あるいて二歩さがってダンス!
そんな最近のゴン太さんなのです。

24-11-10_1726.jpg
やっぱり家が一番?
スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。