プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】ダーダルにて

08月26日, 2009 | 未分類

4 Comments

水たまりに、ゴミが落ちている。
泥だらけになった雑多なゴミのなかから、
不意に、後ろから歩いてきた人が、何かを拾って、食べ始めた。

 

リンゴの芯のようなものにも見えたが、わからない。
あんな泥のなかから拾って食べなくちゃならない、空腹。
ショックで、何もできなかった。
チントゥーを抱えて、必死に歩いてしまった。
その貧困から、とにかく少しでも遠くへ、離れたかったのかもしれない。

 

宗教団体や政治団体なのだろう、
貧しい人に食べ物を配っている場面をよく見かける。
外食産業が盛んで、富裕層が多いムンバイでは、
野良犬さえまるまると太っている。
路上の乞食も、裏で大きな組織が動かしている、とまことしやかに言われる。
この街で飢えて死ぬ人はいないだろう、と思っていた。
きっとまったくの、甘っちょろい勘違いだった。

 

死の病が流行る街、人混みのなか乳児を抱いて、
バイキンだらけに違いないその人には近づきたくなかった。
いま冷静に考えても、やはり近づきたくはない。
しかし、逃げてしまっては何もできない。

 

世の中のアンバランスに、いまだ慣れない。

 

 

 

お寺の階段に座り、施しの食べ物を食べる

(Photo by マチュリー、Vajreshwari にて。使わせてもらいました、ありがとう)。

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。