プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】よく笑うチントゥーとキングフィッシャー

02月02日, 2009 | 今日のチントゥー

7 Comments

生まれて2ヵ月半のチントゥー、最近はよく笑ってくれるようになった。
毎回の授乳が終わると、名残惜しいのか少し泣くのだが、
布団の上に寝かせて
「お目々がかわいいねえー」
「お口がかわいいねえー、誰に似たんだろうねえ」
……などとチントゥーの可愛さを二人で寄ってたかってほめる。
すると、じきに顔いっぱいにパアーッと笑みが浮かんでくるのだ。
ときどきキャッキャと笑い声も混じる。ほめられるのが大好きらしい。
全身でうれしさを表現するチントゥーを見ていると、
こちらはひとたまりもなくメロメロになってしまう。
体を動かすのも大好きで、ボリウッドソングなどに合わせて
踊らせてあげると、やっぱりニコーッとしてくれる。
そうやって遊んでいるうちに、また眠たくなってご機嫌斜めになってくる。
そうなったら膝の上で寝かしつける。これも一苦労。

眠りに落ちそうになるたびになぜか必死に抵抗するチントゥーと戦っていると

30分や1時間が経過することはざら。頃合いを見てジューラーに載せる。
しばらく眠り続けた後、またお腹がすくと起きて泣き出すので授乳、
授乳後は可愛がってあげるとまたニコーッとして……の繰り返しが、
我々とチントゥーの一日である。
チントゥーが我が家に来てくれて2ヵ月半、
「こうしたらスムーズにできる」
「こうすればチントゥーが喜ぶ」
というノウハウみたいなものが少しずつ分かってきた。
チントゥーも我々に慣れてきてくれたようだ。

 

こんな感じでチントゥーは確実に成長しているのだが、
正直なところ、あまり外出もできず子育てに没頭する毎日が単調に感じられることもある。
そんな我々を楽しませてくれるのが、窓の外に現れる冬の訪問者たちだ。
カラス、雀、鳩のほか、緑の羽に赤いベレー帽のキツツキ、

ちっちゃなハチドリなどが普段の常客だが、最近は珍しいお客さんがよく来る。
昨日はキングフィッシャー (カワセミ) が窓のすぐ外に止まっているのを見つけた。
初めて見る鳥で、長いくちばしのインパクトが強く、とてもびっくりした。
ポピュラーな緑と薄茶色ではなく、濃い茶色に白い胸という模様だった。

 


 

珍客の来訪に盛り上がり、もっと鮮明な写真を撮りたくて窓を開けようとしたら、飛び立っていった。
止まっているときは見えなかったが、その羽根はとても美しい青色だった。

 

 

オウムもよく来る。昨日は1本の幹に3羽も集まって華やかな眺めだった。

 

【2月4日追記】

今日もまた同じキングフィッシャーがやってきた!

今度は青い羽根を見せてくれた。角度によってずいぶん印象が違うのが不思議。

 

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。