プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】産婦人科に通い、ベビー用品を揃える

11月09日, 2008 | 未分類

11 Comments

いよいよ臨月のMotiDD。
この時期になると胎児は骨盤の中に下りてきて動きが少なくなり、
圧迫されていた胃もスッキリしてくると妊婦用ガイドブックにはあるが、
我らがコドモちゃんはまだあまり出発準備をするつもりがないようで、

大きなうねりのような動きを見せたり、一定の間隔でつん、つん、と突いてきたりと、

暴走はとどまるところを知らない。
動きの大きいときは、ほとんど衝撃的なほどに胃のあたりがぐりんと動くのが見える。
胃の方から出ようと試みている感じさえする。それは無理というものだぜ、ベイビー。

そんな暴れん坊をスイカ大のお腹に抱え、体のあちこちがピキピキ痛んで
大変そうなのだが、MotiDDはおおむね陽気に暮らしている。えらい。

 

MotiDD制作のおくるみ (と春ちゃん)
 
かかりつけの産婦人科さんでは、毎回お腹にマイクを当ててコドモちゃんの心音を聞いたり、
ソノグラフィー (超音波診断) の画面を見てサイズを測ったりする。
現在、体重は3キロ超。毎回、とてもよく成長しているわね、と言ってくれる。
インドでは胎児の性別を教えてはいけないことになっているため、
男女どちらかはまだ不明。
いつも言われることは、フルーツをたくさん食べなさい、
2時間ごとに何か食べなさい、食べたくなくてもとにかく食べなさい、
と体重を増やす方向のことばかりである。
先日は、前回検診よりMotiDDの体重が1キロ増えたことで、サンキューとまで言われた。
出生時の体重が大きいほど、丈夫で頭の良い赤ちゃんが産まれるという。
日本の産婦人科にかかったことはないが、本やネットで見る限り、日本では
体重が増えすぎるとお医者さんに怒られて体重制限を命じられるらしい。
国が違えば方針も大違いのようだ。
あまり体重を増やしすぎるのも問題だと思うが、日本では行き過ぎた
妊婦ダイエットで低体重児が増えているという話もあり、どちらが良いのかは分からない。
とにかく、食べたいだけのものを無理せず普通に食べている。
 

これもMotiDD作品、よだれかけ

 

ベビー用品もいいかげん揃えなければならず、まだ動けるうちに、と
レンタカーを借りて大きなショッピングモールに行ったこともあったが、
何しろ初めてのことなので二人ともすっかりまごついてしまった。
ありとあらゆる商品が並んでいるのだが、何が必要なのか、
何を買ったらいいのか見当も付かない。小さな小さな靴下やら、
風呂上がり用のタオルやら、入浴用のタライやら、
思いついたものを買い物カゴに放り込んでいったが、どう考えても足りない。
その後も少し買い足したが、まだまだ決定的に足りなかった。
そこへ先日、セージャルさんがうちにやってきて、問題を一挙に解決してくれた。
セージャルさんは、ここでの生活を始める際にお世話になった芸術家夫妻の
奥さんのほうで、家探しや学校探し、その他諸々でこれ以上ないほど助けてもらった
ムンバイ暮らしの恩人だ。
今回は、彼女の家族に代々伝わる赤ちゃんを寝かすためのゆりかごや、
ご自身の娘さん用に使っていたベビー用品を持ってきてくれたのだが、
その上さらに育児に必要なものリストがノートにまとめてあって、
サンタクルズのマーケットに一緒に買い物に行ってくれた。
行きつけなのであろうベビー用品屋に入り、これは何枚必要、これは何枚、
これも必要ね、という具合に、あれよあれよという間に品物が揃っていった。
ここぞというときに200%頼りになる存在。
まだまだコドモちゃんを迎えるには若干頼りない我々だが、

こういう大人になりたいものだ。

 

出産予定日はいよいよあと一週間後。

 

« Prev Page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。