プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】最新型ローカル電車、見参

11月25日, 2007 | 未分類

8 Comments

学校は2週間のディーワーリー休みだったが、今週から再開。
また週2~3回、ムンバイ・ローカル電車のお世話になる。
この電車、車体もモーターも実に古めかしく、ぐわーんと唸りを上げながら
ゆっくり加速していく旧式のものが現役でこき使われている。
外見上は新型の電車もたまに見かけるのだが、入れ物が新しいだけで基本は従来のものと一緒。
年々増え続けるムンバイカル (ムンバイ市民) 達を年代物のモーターで日夜運んでいく。
その混雑ぶりは凄まじい。
混雑から逃れるため、また蒸し暑い車内から脱出して風に当たるため、
あるいは勇敢さの誇示のため?に、電車の屋根の上に「乗車」する乗客がたくさんいる。
当然、高圧電流に触れて感電死する事故が後を絶たない。ハチャメチャな世界。
ドアは走行中も開けっ放しで、風に当たりたい乗客が身を乗り出している。
ちょっと後ろから押されたら振り落とされそうなものだがそんな場面にはまだ遭遇していない。
我々の通学時間帯は、行きはラッシュ前で比較的すいていて、帰りは混むが殺人的というほどではない。
もちろん屋根にも乗らないのでご心配なく。

 

そんなムンバイのローカル電車界で最近、あるビッグニュースが新聞を賑わした。
待つこと何十年、ついにドイツ製の最新テクノロジーを搭載したまったく新しい車両が投入されたらしい。
車内の換気が改良され、窓は大きくなって光がたくさん入り、何といっても
コンピューター制御で30%の省電力を実現したエコ・フレンドリーな設計になっているそうだ。
まだ運行本数は限られていて我々が乗るチャンスはしばらくなさそうだが、乗客の評判は上々のようだ。

新車投入でローカル路線の本数が少し増えるようだが、乗客数もこの一年は
今までにないペースで急増しているとのことで、まさに焼け石に水。
ムンバイにもデリーに続いてメトロ (地下鉄) 計画があるのだが、進捗は芳しくないようだ。
既存のローカル電車があまりに混雑していて危険、バスも同様なので、
お金のある人は移動に自家用車をどんどん使うようになり、道路も毎日大混雑。
メトロ、海上交通など代替交通機関の充実が待ち遠しいが、我々の居る間には無理だろうな。

 

新しいローカル電車の写真をまだ紹介していなかった。これである。

 

いくらなんでも新しすぎ

 

いやいや。これはインドのHindustan Timesという新聞社が出した広告で、詳細は不明だが、

急激な経済成長の真っただ中で変革期にあるムンバイを読み解く大々的な連載企画の宣伝のようだ。
日々、ムンバイのローカル電車のお世話になっている者としては大変に笑える。

新幹線の駅に合成されている駅名表示板が、我々がいつも使っている

最寄り駅のものなので余計に可笑しい。

 

混雑する電車内でも一定の秩序はあり、出入り口近くでは乗客同士声を掛け合って

立ち位置を調整し、降りたい駅で降りそびれることがないように協力し合っている。

外国人と見るや、時にはとても親切にしてもらえることもある。そんなときはとても嬉しい。

車内では大声で話したい放題、携帯電話かけ放題、時にはヒンドゥーの神様を讃える歌を

乗り合わせた乗客同士 (おそらく互いに面識なし) で唱和する光景にすら出くわすことがある。

東京の通勤電車とは違ってとにかく賑やかなので、何が起こってもまったく気にならない。

駅のホームで3ルピーのニンブーパーニー (レモンジュース) をごくりと飲み干すと、

俺はムンバイで生きているんだぞ、と実感が沸いてくる。

近代化が進むにつれて、こういう光景も過去のものになってしまうのだろうか。

10年後、20年後、またムンバイに来ることがあったら、ローカル電車に乗って確かめてみたい。

 

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。