プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】タンプーラ

10月18日, 2007 | インド古典音楽を習っています

6 Comments

タンプーラ、という楽器がある。
ヒンドゥスターニー・クラシカルに欠かせない存在だが、
ソロでフィーチャーされることはまずない。
そんな縁の下の力持ち的存在の楽器。

 

弦が4本。下からはじくと、
パ(西洋音階でソ)、パより高いサ(西洋音階ド)、同じくサ、低いサ、と音が出る。
ラーガによってチューニングを変えることもあるが、
パがマ(ファ)になったりニ(シ)になったりするだけで、
やはり2つの音しか出さないことに変わりはない。
弦は鉄でできていて、はじくと、ビィーーーーーーーン、と長く響き続ける。

 

声楽のバックには必ず1~2本つけられる。歌いながら弾く人も多い。
チューニングの狂いやすい楽器のバックでも、常に一定の間隔で
パ、サ、サ、サ……パ、サ、サ、サ……、パ、サ、サ、サ……
と鳴り続けている。
歌ったり演奏したりしている音の高さが狂わないよう、
バックでずっとサとかパとかの音を流し続けている。
一瞬も途切れることなく、音を響かせている。
それがこの楽器の役目だ。

 

エレクトリック・タンプーラ、通称ラーギニー先生。

タンプーラの代わりに、タンプーラのような音をひたすら流し続ける不思議な機械。

もうあなたなしではリヤーズできません。

 

 

最初はどうだったのかわからないが、昨年の9月に中途入学した時点では、
クラスのほかの人々はもうみんな、タンプーラを普通に弾くことができていた。

 

弾く、といっても難しいことはない。
持ち方、座り方、はじき方を教われば、すぐに弾くことができる。
パ、サ、サ、サ……パ、サ、サ、サ……パ、サ、サ、サ……
簡単だ。

 

最近、学校では一年のカリキュラムを終え、これまでの復習に入ったので、
あまり目くじらたてて授業を受けずにすむようになった。
そんなわけで、私もときどき、タンプーラを手にとって練習させてもらっている。
新しい曲をやったりする授業など、タンプーラに注意が分散されてしまう状態では、
受けるのはムリ。完全にお手上げになっちゃうのだ。

だから、復習期間のいまがチャンス。

でも少しずつ、先生が「練習しなさい」と言ってくれたときだけ弾くようにしている。

 

今日 授業が終わったら、人差し指に水ぶくれができていた。
最初はなんだか全然わからなかったが、タンプーラのせいだと思い当たった。
はじめのパだけ中指で弾き、残りの3弦を人差し指で弾くよう教えられたので、
その通りに弾いていた。
ものの15~20分程度のことと思う。
それだけで水ぶくれができてしまった。

 

水ぶくれができた指は痛くもなんともなかったが、
とにかく姿勢を保ち続けるのがつらい。
足がしびれてきた。腕が痛くなってきた。

これでは痛さに気を取られて、歌が歌えない。もうダメだ。

両立が難しくなってきたので、慣れた生徒さんに替わってもらう。
きっと弾いているうちに、指が堅くなって、
水ぶくれなんてできなくなるのだろう。

 

すらりと美しいタンプーラ。
12月の試験に合格したら、ごほうびに買っちゃおうかな。

 

ラスーラン・バーイーというトゥムリー歌手とタンプーラ。

このように横に倒して弾く派と、立てて弾く派がある。学校では立てて弾く派で教わっている。

 

« Prev Page Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。