プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】またまたハルモニウム

05月28日, 2007 | 旅に出た

4 Comments

 
お母さんに連れられて、下のお知り合いの家に遊びに行った。
老夫婦だけの家。一部屋だけの、小さな、静かな家だった。
体の具合が良くないらしいおじいさんは、ベッドに伏せている。
壁にはびっしりと、歴代の名だたる政治家の肖像ポスター。政党のロゴが入ったカレンダーもある。
ポスターには古いものもあるが、カレンダーは今年のものだ。
聞けばおじいさんはかつて政治家だったという。なるほど。

ガルワーリーでお母さんとおばあさんが交わす会話をぼんやりと聞く。
が、おばあさん、日本から来た私が珍しいようで、関係ない話をしている途中でもふいに、
「いまの話、わかったみたいだねぇ」と、私のガルワーリー理解度をチェックしてくるので油断できない。
15分ほどそうして座っていたろうか。
いつの間にかプリヤとソニが来て、私にべったりくっついて座っている。

2人に両手を引かれながら、次の家へ。
次の家、といってもすぐ隣り。どうやらおばあさんたちの息子夫妻の家のようだ。
ナーニーの家に戻ろうと上に向かっていると、
おばあさんに呼び止められた。
「ハルモニウムがあるから、ちょっと何か古い歌でもやってもらえないかい?
歌でも聴いたら、おじいさんの具合が少しは良くなるかもしれない」
そう言われたら、「ハルモニウムなんて弾けません」とは言えない。
みるみるうちに、その家の前にゴザが敷かれ、そこに子供たちが集まり、
どこからかハルモニウムとタブラが現れ、ついでにマーマージーまで現れた。
 
実は、お母さんの今は亡きお父さん(つまりナーナー)は、有名な音楽家で、
ハルモニウムの師匠であり、歌手でもあった方で、
演奏のためにムンバイやデリーまで行ったこともあったそうだ。
そんなわけで、マーマージーも多少 音楽のたしなみがあるらしい。

タブラの前に座り「何をやる」とマーマージー。
こういうときは、とにかく知っている曲を思いつくままやってみるしかない。
古い映画の曲を、あれはどうだ、これはどうだ、とマーマーと思い出し合って弾いてみる。
思い出そうとすると、頭が真っ白になって、
いつも口ずさんでいる曲を思い出せないものだ。いつだって。
 
中に座っているおじいさんの反応は見えない。
「オイ、そんなんで一丁前にハルモニウムに触るなんてどういう了見だ! ちょっと貸しなさい」
と、元気を出してくれるといいなぁ。

村の結婚式。真ん中にスピーカーを持って立っているのは歌い手。

プラス太鼓2,3人でバンドが完成。

とにかく音楽好き・ダンス好きなここの人たちは、歌がうまかろうが下手だろうが、

リズムとメロディーさえあれば盛り上がれてしまう。

 

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。