プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】菜の花とギター弾き

02月28日, 2007 | 旅に出た

5 Comments

畑と畑のあいだのあぜ道を歩く。
村の少女たちが前を歩いていく。
背の高い菜の花が、彼女たちの姿を隠してしまう。

 

 

「こんな時期に降るなんて……」という季節はずれの雨に(おまけにヒョウにまで)見舞われ、
なかなかお天気に恵まれない旅だったが、雨の休みの曇り空の下、
先生と村の少女たちが、村一周のスペシャル・ツアーに連れ出してくれた。
お世話になった家の青年・アフサールが、人口は200人ほどだと教えてくれた、
30分もあればで一周できるだろうと思われる小さな村を、

二時間もかけてゆっくり歩いただろうか。
泥を固めた壁と草葺きの屋根でできた低い家がほとんど。
お父さんが日本に出稼ぎに行っているという隣の家と、
村の端に建つ小さなモスク、それに小さな小学校だけが、煉瓦造りの建物だった。

 

このツアーでは、次々とおやつが提供される。
熟しすぎると変な味のベールの実、畑からもぎ取る甘いエンドウマメ、
歯を立てて皮を裂き、甘い汁を吸うサトウキビも取り放題。
それから名前をどうしても思い出せない青い果物はシーズンにはまだ早く、渋いのだが、
みんな「あの枝のはどう?」「あれは熟してるかも!」と、
はりきって小枝を投げては落としてくれるので、食べざるを得ない。
途中、掘っ立て小屋のようなチャーエ屋さんでチャーエまで振る舞ってもらう。

 

Satyanamakのギターを目に留めたチャーエ屋のおじさん、「そりゃあ何だい」。
ギターを持ってくれていたアフサール「楽器だよ」。
「わしも聴きたいな」とおじさん。Satyanamakの出番だ。


《つづく》

旅の一行。ブレーメンの音楽隊のように、後ろについて来る人数が知らぬ間に増えてくる。さとうきびにかぶりつく左端の子も、途中で寄った小学校から授業を放り出して来てしまった人だと思われる。

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。