プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】インドの怒れる群衆~助けてガーンディー・ジー!

01月26日, 2007 | 未分類

0 Comments

TVを見ていて驚きました。

 

昨年の暮れ、一軒の家から、17人の子供たちのバラバラにされた遺骨が発見され、
その家の主人と召使いが殺人容疑で逮捕されました。

デリーから少し離れた新興都市・UP州ノエダで起きたこの凄惨な殺人事件、
日本のニュースでも伝えられたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

その犯人が今日、UP州ガージヤーバードの裁判所に出頭したときのこと。
“あれがノエダの事件の犯人だ!”とかぎつけた群衆が、
裁判所の入口で犯人たちを寄ってたかって取り囲み、
殴ったり髪をつかんだり、とにかく警官の制止のなかでできる限りの暴力をふるい、
この凶悪犯罪者に対する怒りを発散させる、という事件が起きました。
犯人は数分間にわたり気絶したものの、深刻な怪我はなかったそうです。
手を上げた人々の中には、弁護士の姿もあったということです。

 

驚いたのは、その事件に対する視聴者アンケートの結果を見たときでした。
それはIBN7というニュースチャンネルの、夕方のニュースの番組中行われたアンケートです。
「裁判所構内で犯人たちに対して行われた暴力は正当か」
(???? ????? ????? ??? ??????? ?? ???????? ?? ????? ????? ???)という質問でした。
Yesが99%、Noが1%。
圧倒的な数字です。
限りなくすべてに近い人々が「この暴力は正当だった、起きたことは正しい」と考えている、ということです。
(これを書いている間に、数字は少し下がり、95%:5%になりました)

辛ーいカレーを食べて、砂糖液のように甘いお菓子を食べる、

そんなインド人ならではの感情の振れ幅の大きさが、

面白くもあるが……やはり怖いです。

 

最近、イギリスのTV番組『Big Brother』に出演したインドの女優、シルパー・シェッティーが、
人種差別的なコメントをいずれも有名な欧米人タレントである共演者たちから浴びせられ、人々が怒り、
あわや英印国交問題にまで発展するか……という事件がありました。
そのバラエティ番組で、先頭を切ってシルパーいじめをし、
視聴者投票の結果 番組を降ろされた英国人女性タレントが、今度、
インドの観光局からの招聘(!これもまたすごい話)を受け、
それを承諾し、インドに来る旨を表明したようです。
「インドに行って、自分の発言のせいで迷惑をかけたことを皆さんにお詫びしたい」という彼女。
インド政府観光局の招聘の意図は「インドは彼らの差別発言で

言われるような卑しい国ではない、ということを、来て実際に見てほしい」

というところにあるわけですが、

シルパーをいじめることを通してインド全体を侮辱し、
インド大衆の怒りを買った彼女に対して、よほど厳重な警護をつけないとならないな……
と、インドの怒れる群衆を見るにつけ、懸念は強くなるのでした。

 

Big Brotherでの差別問題を一面で大きく取り上げる英国紙。

英国在住のインド人たちが日常的に直面している差別問題を

浮き彫りにした事件だったのかもしれない。

 

インド映画を見ていると、
「おいおい、正義のためならいくら人を殺してもいいのか?」という疑問が湧くことがしばしばあります。
映画は所詮フィクションなので、深く追求することなく、単なるツッコミとして終わる疑問ですが、
このノエダ事件のようにまざまざと数値を見せつけられると、唸ってしまいます。
この私のツッコミに対して、身近にいるインドの友人や知人たちが
もし口を揃えて「いいに決まってんじゃん」と言ったらどうしよう……。
私は頭を整理し、なぜいけないのか、
きちんと口で説明できるようにしておかなくてはなりません。
ガーンディー・ジー、頭の悪い私に力を貸してください。

 

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。