プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Satyanamak】近所で初ヘアカット

12月29日, 2006 | 未分類

4 Comments

早いもので、デリーでのディーワーリーから2カ月以上経った。
あのときかなり短く刈ってデリーの女性陣に不評を買った坊主頭も、
だいぶ伸びてしまった。そろそろうっとうしいので今日は地元の床屋に初トライ。
ここも椅子3つが並ぶだけのウナギの寝床式の小さな店。
事前に練っておいた作戦(?)どおり、「マシン(電動バリカン)」を使用することと、
「1cm」に重点を置いて、英語を話さない理容師に何とか説明。
電動バリカンは持っていたが、真新しい箱からプチプチ付きで登場したそれは
どうやら買ったばかりの新品のようだ。バリカンを扱う手つきもぎこちない。
始める前にバリカンの様子を確認したが、かなり短くされそうな雰囲気が
漂っていたので、もう一度「1cm」を強調。隣の席に座っていたお客さんが、
英語で「どれぐらいにしたいのか、1センチ? 1インチ?」と助け船を出してくれる。
親指と人差し指で長さを示しながら、再び「1cm」。
バリカンのアタッチメントがもう少し長いものに付け替えられ、
どうやら大丈夫そうになったのでヘアカット開始。
理容師さんは少し刈ってはバリカンにふっと息をかけて詰まった髪を
吹き飛ばし吹き飛ばし、いかにも慣れない様子でマシンを操る。
自分は鏡を凝視しながら事の成り行きを不安な気持ちで見守っていたが、
長さはOK、ギザギザカットにもなっていないようで、ひとまず安心。
隣のお客さんは「これで大丈夫だな?」と気にしてくれる。
いつもながら、見知らぬ外国人をごく自然に助けてくれる人が多いのは有り難い。
狭い床屋の中でヘアカット中に煙草をスパスパ吸って偉そうなお客さんではあったが。

バリカンの後は、手慣れたハサミ&カミソリさばきで細かい部分を整えておしまい。
前回は自分の注意不足でかなり雑にやられたまま帰ってきてしまったが、
今回は丁寧な仕事っぷりを確認し、納得して店を出る。お代は30Rs(約75円)。

 

ただ、後ろ頭を確認していなかった。
日本では「自然な感じで」という何とも曖昧な指示を出しておけば
それなりに「自然な感じ」に仕上がるのだが、
帰宅してMotiDDに後ろ頭を見せたところ、あのカミソリさばきで
生え際を真っ直ぐビシッ!と決められていたことが判明。
デジカメで撮ってもらい確認。ちょっと笑った。ここまで直線的にしなくても。

まあ面白いから良し。これがムンバイっ子の「自然な感じ」なのか。

 

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。