プロフィール

satyanamak*motiDD

Author:satyanamak*motiDD


2006年夏、
人人人ひしめくムンバイに
猫猫ひきつれやってきた二人組。
夫 Satyanamak と妻 MotiDD
2008年11月には新たに
ムンバイ生まれのチントゥーも
登場しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--月--日, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MotiDD】映画『English Vinglish』私見

10月22日, 2012 | インド映画

3 Comments
『English Vinglish(=エーゴだとか何だとか)』を観た。
英語のできない家庭の主婦が、姪の結婚式準備のため単身ニューヨークへ行き、
はじめは英語で苦労しながらも、一人ひそかに決心して英語学校へ通い始め、
やがて英語力を身につけるとともに自分への尊厳を取り戻していく……というお話である。

English Vinglish

この話、ふたつの点で、私には非常に共感できるところがあった。
ひとつは、社会的に評価される機会のない家庭の主婦が
自分の価値を見いだすために苦心している点。
もうひとつは、主人公がヒンディー語話者で英語が話せない、という点である。

もちろん生粋の日本人である自分を、“ヒンディー語話者”とは呼ぶのは間違っている。
しかしインドの都市部で「英語を話せない人間」というのは
イコール「高等教育を受けていない人間」と見なされる。
これは、「中高六年間の英語学習よりも専門学校二年間のヒンディー語学習の方を
熱心にやり、その後もインドやヒンディー語ネイティヴたちと関わり続けることで
ヒンディー語力は伸ばしたが、英語にはたいして注意を払わなかった日本人」
の私にも、なんと適応してしまうらしく、
「高等教育を受けていない人間」的に見られることが、ままある。
そういう意味で私は、このインド社会において自分を
“ヒンディー語話者”と位置づけて差し支えないと思っている。

ほぼすべて英語で行われているヨガのクラスで、
急に先生が思い出したように一言ヒンディー語で話したな、と思うと、
先生の顔は間違いなく私に向けられている。それは私にのみ向けて発された言葉である。
「英語も習った方がいいわね」と、その先生にも言われたことがあるが、
ヨガクラスに来ている他の日本の人が、英語で先生に話しかけられてとっさにわからずにいるとき、
それを日本語に通訳しているのはいつも出しゃばりでおせっかいな私だ。
しかしそのことに気づいている人はおらず、
先生が英語で言った「水曜日は休みです」というような簡単なことでさえ、
私が理解しなかったと考え、あとで親切なご婦人が
「水曜日は休みだそうよ」とヒンディー語で耳打ちしてくれたりする。

また以前インド人の友人とチャットをしていて、彼が“line”という言葉を使ったあと、
突如として沈黙したのでどうしたのかと思ったら、
「“line”(ライン=線)をヒンディー語でなんて言うのか考えてた」
と言われ、びっくりしたことがある。つまり、「英語で話さない」イコール
「ひとこともわからない・読み書きもできない」と理解されるのである
(アルファベットを使ってブラインドタッチ並のスピードでチャットしているにも関わらず、である)。

このように六年間ここで“えせヒンディー語話者”として生きてみて実感していることだが、
「英語よりヒンディー語の方が好きな風変わりなガイジン」という
私の実感に添った見方をしてくれる人はあまりおらず、
「英語の話せない」「教育を受けていない」「気の毒な」人、という同情あるいは
軽い蔑みの目で見られることの方が圧倒的に多い
(逆に英語を話せない本物のヒンディー語話者からは親しみの目で見られる。
ヒンディー語は彼らとうち解けて話す手助けをしてくれ、
心からリラックスした愉しい時間を過ごさせてくれる)。
なかなか理解しづらいことかもしれないが、これはひがみとかではなく、
素直な実感でしかない。そしてやはり、ひどいなー、と思う。

映画の中で、二児の母である主人公の主婦は、娘の保護者面談に行くことになる。
十代にさしかかったあたり、虚栄心の強い年頃の娘は、
英語の話せない母親をクラスメートやその母親、先生に会わせることを忌み嫌い、
「お母さんは病気で来られないって言うから。来ないでお願い」
「PTAの意味だって知らないくせに!」と言い募る娘に、
「PTAの意味は知らない。でも、Parents(親、保護者)の意味はよく知ってるわ」と
答えて面談に行き、先生にヒンディー語で話してもらうようお願いして、
なごやかに面接を終えて、家へ帰ってくる。
しかし娘はあくまで恥と捉え、ひどい思いをしたと母をなじる。

この母親、家事を立派にこなす傍ら、手作りお菓子の宅配ビジネスも手がけ、
おまけにサリーの似合う美人で、私に言わせたら非の打ち所のないパーフェクトな女性。
しかもわざわざヒンディー語紙を自分だけのために購読し、
新聞に毎日目を通して世の動きにも目を光らせている。
メディアといえばテレビ、
テレビといえば嫁姑ドロドロのホームドラマやコメディ、神様ものドラマ、
でなければ歌や踊りのコンテスト番組しか見ない人々が大多数を占めるなか、
こんなインテリな良妻賢母には、そうお目にかかれない。
それなのに、「英語ができない」というただの一点だけで、
子どもと夫から笑われ、疎外感と無力感に襲われ、
次第に自尊心をむしり取られてゆくのだ。

マラーティー語でお弟子さんたちに教えていた音楽家・故ラナデー先生が
「いまのムンバイに、何かひとつの言語を満足に話せる人はいない」と
おっしゃっていたそうだ。
母語であるマラーティー語も、外国語で準公用語である英語も、
国の公用語で他言語地域の人々との会話や映画・テレビに使うヒンディー語も、
いずれも中途半端。
こんなことで詩や文学はどうなるのだろう。
何語で心のうちを語ればいいのだろう。
インドで生まれ、インドで育ち、インドを表してきた言葉はどうなっていくのだろう。
危機感を抱きながらも、「まともな現金収入を得るには英語」と何十年もやってきた結果、
誰も後戻りはできなくなっている。
人を誤った基準で量り、分け、隔てる。社会を見えない壁で二分する。
それが現代の、インドの言語が抱える残酷な現実。

最初はヒンディーで話していても二言目には英語に戻っていってしまう人に
「すみませんがヒンディー語で話してもらえますか?」と言うたび、
だからちょっとずつ心が暗くなる。
ものすごく深刻な問題だと思うのだが、この『English Vinglish』でも
「いくら知的に豊かでも、英語が話せないとまともな現代人と認められない」という問題は
「主婦と自尊心の回復」に中途ですり替えられ、満足に語られることはなかった。
この点がとても残念である。

Blue Saree
意地悪なカフェ店員にいじめられ泣くシュリーデーヴィー。青いサリーがきれいすぎる!
スポンサーサイト

【MotiDD】旅は始まる。『My Name Is Khan』

03月12日, 2010 | インド映画

3 Comments
暑さの到来を告げる祭り・ホーリーも終わって寝苦しい季節が始まり、小さなチントゥー坊がうなされて泣くのをなだめていた真夜中、自分が眠りに帰れなくなってしまった。そんな時間を利用した初投稿。おととい観た『My Name Is Khan』がいい映画だったので、書き留めておく。生まれついての自閉症(の一種と位置づけられるアスペルガー症候群)で、人とうまくコミュニケートできないインド生まれムスリムのリズワーン・カーンが、アメリカ大陸を歩き、9.11で傷ついた世界を修復する……という話。シャールク・カーン主演、カラン・ジョーハル監督のコンビは、ボリウッドに多数のメガヒット作を残してきた。以下にあらすじを。

poster.jpg




リズワーン・カーン(シャールク・カーン)は、アメリカ大陸へ渡ってヘア・スタイリストのマンディラ(カージョール)と出会って結婚し、唯一の理解者だった亡き母と交わした“幸せな生活を送る”という約束を果たす。マンディラには離婚した夫との間に生まれた息子、サミールがいたが、何の問題もなく、サン・フランシスコで幸せに暮らす3人。そこへ9.11という時代を変える事件が起きる。結婚後に名乗った夫のムスリム姓“カーン”を冠した自分のヘアサロンを経営していたマンディラは閉店に追い込まれるが、彼女を襲ったのは経済的苦境だけではなかった。ムスリム差別による暴行事件などが多発していた折、息子のサミールが、何者かによって暴行を受け殺されたのである。かけがえのない息子を奪われたマンディラはリズワーンに対し「ムスリムであるあなたと結婚した私がいけなかったんだわ。もう顔を見たくないの。私家を出るわ」と泣き叫ぶ。「なぜお前が家を出る? 家はお前のだ、俺が出て行くよ」というリズワーンの「いつ帰ってくればいい?」との素っ頓狂な問いに対し、「“My name is Khan, I’m not terrorist”と世界中の人に伝えるまで帰らないで。そうよ、アメリカ大統領に言えばいいんだわ。大統領にそれを伝えるまで家に帰ってこないで」と言ってしまう。マンディラのこの言葉とバックパックひとつを背負い、リズワーンは大統領を追う旅に出る。しかし警備の厳しい大統領周辺にそう簡単に近づけるはずもなく、「Almost Repair Anything(だいたい何でも修理します)」という看板を手に、リズワーンは修理工としてわずかなお金を稼ぎながら大陸中を転々とする。空港ではムスリムだというだけで厳重なセキュリティー・チェックを強制されフライトを逃し、9.11以降ムスリム差別のとばっちりを受けている非ムスリムインド人経営のモーテルでは宿泊拒否にあうなど、苦難の多いリズワーンの旅だったが、心あたたまる出会いもあった。南部ジョージア州、人口200人ばかりの小さな村で、クリスチャンのママ・ジェニーとその息子ジョエルの世話になり、対アルカイダ戦で命を亡くした家族を悼む人々と、サミールを失った悲しみをシェアしたのだった。ママ・ジェニーたちに別れを告げ、旅を続けていたリズワーンだったが、礼拝のために立ち寄ったロス近くのマスジッド(モスク)で、若者たちをテロ行為に煽動する危険人物に出会う。イスラームの故事を例に「犠牲は信仰の証だ、いまこそ立ち上がれ」と暴力行為を煽り立てるその人物に対し、「あの人は嘘つきだ、愛だけが信仰の証だ」とリズワーンは立ち去る。その直後、大統領の会見を観る群衆のなかに入りこみ、マンディラとの約束を果たすため「My name is Khan, I am not terrorist」と叫んだリズワーンは、“テロリスト”の一語を聞いてパニックに陥った群衆が逃げまどうなか、テロリストの容疑をかけられて逮捕されてしまう。苛烈な拷問にもテロリストの尻尾を出さないリズワーンに警察が業を煮やした頃、リズワーンの逮捕現場を偶然カメラに収めていたインド人青年レポーター、ラージの努力が実って大きく報道され、不法な逮捕拘留が世間に知れ渡ったため、ようやく彼は釈放される。釈放されるリズワーンを待ちかまえる報道陣。その頃には「私は憎しみで強くなる。そしてサミールを殺した犯人を捜し出すわ」と孤独な戦いを続けていたマンディラも、リズワーンへの憎しみを解き、彼を捜しに来ていたが、リズワーンは“まだ約束が果たせていない”と彼女や報道陣を避けてまた旅に出る。そんな時、ママ・ジェニーの村がジョージア州を襲ったハリケーンのため水没し、危機に瀕していると知ったリズワーンは、「ちょっと待ってくれマンディラ、俺は行かなくちゃ、ママ・ジェニーのところへ……」と水に沈んだ村へ向かう。ひとり必死で村人の苦難を軽くする努力に身を砕くリズワーンを、青年レポーターのラージや、彼が実らせた報道によって兄の所在を知った弟夫婦とマンディラなど、彼を追う多くの人々が、支援物資を背負って村へやってきた。しかしマンディラに向き合った彼の前に、ロス近くのモスクで会ったテロリストの一味が現れ、リズワーンを刺す。一命を取り留めたリズワーンは、ジョージアの村を救ったインド人ムスリムということで世界中にその名を知られた有名人となっていた。マンディラに付き添われて退院したリズワーンは、就任したばかりのオバマ大統領の会見場所へ行き、そこでとうとう大統領に「My name is Khan, I am not terrorist」と伝える機会を得たのだった。




almost+repair_convert_20100311234144.jpg


3年前に彼の『Kabhi Alvida Na Kahna』を観て以来、カラン・ジョーハル監督には期待していなかったのだが、さすがに多くの大ヒット作、名作をボリウッドに残してきた監督なだけあり、意外な傑作。無駄なシーンがまったくなく、シンプルだが重要なメッセージをまっすぐに投げかけてくる、素晴らしい映画だった。キャストはすべて役柄に合っていて、いい演技をしていた。特にマンディラ役のカージョールの演技には拍手を送る。あんなに色黒で、おまけにたいそう頑丈そうなアゴを持つ女優さんでありながらトップ女優の人気を誇るのは彼女の演技力とそこから生まれる美しさが理由に他ならない。演技が大味なことで有名なシャールク・カーンによる自閉症の演技は無理があったが、これはこれで、カラン・ジョーハルの監督作品らしくて(=ボリウッド映画らしくて)いい。アスペルガー症候群という病名を何度か作品中に出しながら、その病気についてのリサーチが十分になされておらず、正しく描かれていなかったのが唯一の難点。

リズワーンの母親が、ヒンドゥーとムスリムの軋轢に初めて触れ動揺する幼いリズワーンに、差別が間違ったことだと教えるシーンが印象的だった。まず「これがリズワーン」と人を一人描き、右横に「これはあんたを殴ろうとしている人」と棒を持っている人の絵を描く。「殴られたら痛いもの、悪いやつだ」とリズワーン。そうね、じゃあ次、と、また人を一人描き「これがリズワーン」。横に飴を持っている人を描いて「この人は飴をあんたにくれるのよ」と言う。「飴は甘くておいしいね、こいついいヤツだ」とリズワーン。そうねリズワーン。今度は、それらの絵を2枚タテに並べて「じゃあ、これとこれ、どっちがムスリムでどっちがヒンドゥー?」と問いかける。頭を抱えてしまうリズワーンに母親が言う「世界には2種類の人しかいないの。悪い人といい人。それだけよ」

“時代を分けるのに紀元前、紀元後という二通りの言い方があったが、3つ目が加わった。9.11後、という時代だ”という台詞があった。それが大げさだとは言い切れないほど、この世界が負った傷は深い。リズワーンはただマンディラを取り戻すため、何がサミールの幼い命を奪ったのかを世界に知らせるためだけに旅をした。結果的に彼は、マスコミに注目されたことによってヒーローとなり、世界に「ムスリムはテロリストではない」というメッセージを送ることに成功し、徹底的に傷ついた世界を、少しだけ修復したことになった。ヒジャーブ(ムスリム女性が頭を覆う布)をかぶっていたことで「この国から出てけ!」と中傷誹謗を受けた義妹が、最後にはまたヒジャーブをかぶって自分がムスリムであるという表明をできたのも、彼の行動に勇気づけられたからだったし、サミールの死の真相をひた隠していた少年(サミールの親友だったが対アルカイダ戦で父を亡くしてからサミールに辛く当たっていた)も、最後にはマンディラに真相を話し、許しを乞うことができたのだった。

もちろん「映画だから」だ。映画だからこんなにことがうまく運び、英雄は輝く。でも映画がリアルと同じである必要はまったくないし、そうなってしまったら映画は面白くなくなってしまう。だから、こんなに感動的に映画的なストーリーに仕上げた監督に拍手を送る。

と同時に、「映画だから」では片付けられない、と思う。ひとり一人それぞれの旅を、逃げずに一歩一歩 歩かなくてはならない、とこの映画は語りかけていた。私の旅ってなんだろう。なんだろう、と言っている間に人生という旅が終わってしまいそうです。そんなことではイカンいかん。

新しいブログではさっぱり短くこまめに投稿しよう、と思っていたのに、しょっぱなから長々とストーリーを書いてしまった。さぁてどんなブログになるかしら。

【MotiDD】時代が変われば、夢も変わる。……のかなぁ?

09月19日, 2006 | インド映画

3 Comments

なんだかこうして見ると、ひどく粗末に見えますが、
これが私たちの町の、一番大きな映画館です。

 

 

『Kabhi Alvida Naa Kehna(さよならは言わないで)』は、
常に大ヒットを約束する超大物監督が手がけた映画です。
そして主役を演じるのは、

スーパースターのうえにさらに“超”がつくような、
これまた大物ばかり、それも5人も揃えてきました。
私は、この監督さんの実力は認めながらも、
“大金にものを言わせてヒットを生む”とでもいえるような姿勢に
なんとなく反感を持っていたので、
今回は特に観る気はなかったのですが、
「話題作だし、一応観ておくか」という軽い気持ちで、やはり観てきました。

 

「インドにおいて映画というのは、あくまで大衆の夢であり、
人々は泥やホコリにまみれた世間を一時のがれて、
スクリーンのなか、夢の世界にひたる……」
そんなふうに言われてきました。
しかし今日のこの映画を観ると、インド人がみる“夢”というのが
こんなふうに変化しているのだな、ということがわかり、
いささか寂しい気もしました。

 

私がインドに魅かれる理由のひとつに、
家族の絆が強い、そしてそれをとても大事にする、
ということがあります。
なにがあっても家族が一番。
これまでの映画のヒーローは、家庭を守るためなら
多少の悪事を働いたって許されていました。

 

ところがこの映画では、既婚のカップルが二組出てきて、
そのうちの、夫婦ではない2人が、
お互いに愛し合うようになってしまい、
家庭を捨てて出て行き、
あげく裏切った相手の祝福まで受けてハッピーエンド……という
なんともあり得ないストーリー展開を見せるのでした。

 

いまやインドの中流階級、あるいはNRI(海外在住インド人)は、
「平和な家庭よりも、ロマンティックなラヴ・アフェアー」
を望んでいるのか……?
そう思うと、ちょっとガッカリしてしまいます。

 

映画のなかでは、うちで日常的に行われているような
夫婦ゲンカがシリアスに描かれており、
ちょっとズキズキするものがありました。
しかし、この映画の結末に「異議あり!」な点では、
とりあえず夫婦の足並みは揃っているのでした。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。